ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

これが「グーグルカー」の本当の狙いか!?
続・このままでは日本が「自動運転」で勝てない理由

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第172回】 2014年1月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

自動運転が優先順位No1
スタンフォード大の次世代車技術研究コンソーシアム

スタンフォード大学の「CARS (The Center for Automotive Research at Stanford)の研究施設 資料提供:スタンフォード大学

 シリコンバレーの頭脳の中枢、スタンフォード大学。パロアルトのキャンパス内に、自動車関連の研究を目的とした機関、「CARS(The Center for Automotive Research at Stanford)」がある。

 参加しているのは、トヨタ、ホンダ、日産、VW、GMなど自動車メーカー11社、トラック・建機メーカー3社、保険会社2社などの24社。年間費は、3万2000ドル(約330万円)。機械工学やコンピュータサイエンスなど、10~15程のテーマについて研究が進んでいる。

スタンフォード大学「CARS」、エグゼクティブ・ディレクターの スヴェン・ベイカー博士 Photo by Kenji Momota

 CARSのExecutive Directorのスヴェン・ベイカー(Sven Beiker)博士によると、CARSの研究領域は大きく4つある。第一に、オートメーテッド・ドライビング(Automated Driving)。「アメリカでは、Autonomous(自律型)という言葉を使うことが多いが、スタンフォードではAutomatedと呼んでいる」(ベイカー博士)。

 第二に、コミュニケーション。これは路車間や車車間の通信についてだ。第三は、EVなどパワートレインの電動化による、エレクトリフィケーション。そして第四に、カーシェアリング関連などトランスポーテーション全般における新しい取り組みを研究する、コモンタイジテーション(コモディティ化)だ。

 さて、グーグルカーとスタンフォード大学との関係だが、ここにキーパーソンがいる。

 彼の名前は、セバスチアン・スラン(Sebastian Thrun)博士。彼は「DARPAグランドチャレンジ」、「DARPAアーバンチャレンジ」でのスタンフォード大学チームの中心人物だった。その後、グーグルのフェロー(技術顧問)を兼務し、グーグルの先行開発機関である「グーグルX」に関与している。ここからは「グーグルグラス」や、つい先日発表された「グーグル・スマートコンタクレンズ」等、世の中をあっと驚かすよう製品が登場している。同博士はCARSの自動運転研究でも、アドバイザーとして参加している。

CES2014でのアウディ記者会見。電機関連部門の責任者、リッキー・フッディ氏が自動運転用の新型制御ボードを披露。ここでも、OAAで連携しているnVIDIA社の製品を使用 Photo by Kenji Momota

 また、スタンフォード大学は「DARPAグランドチャレンジ」からフォルクスワーゲンとの関係が深い。2010年には、アウディのスポーツカー「TT」をベースとして、ヒルクライムレースで有名なコロラド州パイクスピークで無人自動運転を成功させている。また、プロドライバーの走行データを組み込んだ同車を、サーキットで無人自動運転させている。

 アウディは2014年CES(ラスベガス)の記者会見で、同車に採用していた制御基盤が車体後部に配線が埋め尽くされるほど巨大だったが、米半導体大手のnVIDIAの新製品を活用することで「こうして片手で持てるほど、小さな基盤になった」(同社技術幹部)と誇らしげに発表している。

previous page
4
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧