ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

「自動運転」に群がるマスコミの餌食に!?
マツダ「安全装備の体感試乗会」事故への大きな誤解

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第168回】 2013年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
第43回東京モーターショー・報道陣向け公開日でのマツダのプレゼンテーション。予約販売が順調な「アクセラ」を前に、小飼雅道社長がカメラのフラッシュを浴びる Photo by Kenji Momota

マスコミの常套手段
「持ち上げておいて、ドォ~ンと落とす」

 最初に申し上げておきたい。

 本稿で取り上げる事案について、本稿執筆時点で警察からの検証結果は正式に公開されていない。筆者としては、憶測による記事化をするつもりはない。

 だがこのところ、あまりにもマスコミ各社の報道が過熱しており、そのなかにはマツダ、及び自動車産業全体に対する誤解を招きかねない内容も見受けられるため、筆者としては公開されている事実と筆者の実体験に基づき、今回の事案に関しての意見を述べたい。

 マツダは11月20日(水)11:15~11:30、東京モーターショー(東京都江東区・東京ビックサイト)の報道陣向け公開日にプレゼンテーションを行なった。

 登壇したのは、同社代表取締役の小飼雅道氏。世界戦略車「アクセラ」が予約販売で1万台を突破し、滑り出しが好調等と商品に関する紹介。その後、「是非、最後にひとこと、申し添えさせていただきたいと思います」と前置きして、次にようにコメントした。

 「先般の販売会社での事故につきましては、皆様に大変ご心配おかけ致しまして、私としましては、お客様並びに販社の従業員の方が一刻も早く回復されることを願うのみであります。今後とも当社は、より一層の安全を最優先した取り組みを進めてまいります」

 これは、11月10日(日)、マツダオートザム店を埼玉県内で展開する坂田自動車(埼玉県深谷市)で、SUV「CX-5」を使用して行なった「安全装備の体感試乗会」での事故についての発言だ。事故の第一報として同社は11月12日、プレスリリース(PDF)を出した。

 同日、一般社団法人自動車公正取引協議会は2013年11月12日、「衝突被害軽減ブレーキ等のASV技術についての明瞭な表示」(PDF)を発表した。

 その直後から、マスコミが警察等への独自の取材合戦を繰り広げ、各種報道が相次いでいる。しかし、なぜここまでこの事故は大きく取り上げられるのか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧