ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

継続学習する組織が可能にするイノベーション

上田惇生
【第85回】 2008年8月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
断絶の時代
ダイヤモンド社刊
2400円(税別)

 「起業家たる者は、イノベーションのための組織をつくりマネジメントしなければならない」(『断絶の時代』)

 われわれは、共同作業のために人間のエネルギーを組織する方法を学んだ。特に、すでに知っていることを効果的に行なうための組織の使い方を学んだ。

 これは一つの大きな進歩であって、今日の社会はこの能力に依存している。しかし、いまやわれわれは、イノベーションのための組織をつくる必要がある。

 イノベーションを行なうには、組織全体に継続学習の風土が不可欠である。イノベーションを行なう組織では、継続学習の空気を生み出し、それを維持する。ゴールに達したと考えることを許さない。学習を継続すべきプロセスとする。

 変化への抵抗の底にあるものは無知である。未知への不安である。

 だが、変化は機会と見なすべきものであって、変化を機会としてとらえたとき初めて不安は消える。

 トップたる者は、部下の声に耳を傾け、元気づけなければならない。想像を理解に、直観をビジョンに、意欲を成果に転換するために自ら働かなければならない。それは、ひらめきではない。体系的な活動である。

 「判断することを仕事とするトップは、アイデアを拒否する。現実的でないとする。イノベーションを可能とするのは、生煮えのアイデアを体系立った行動に転換することを自らの仕事とするトップだけである」(『断絶の時代』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧