ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

どこにでもいそうな大学生が転落していく
映画「東京難民」が描く若者の貧困のリアル

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第55回】 2014年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「映画「東京難民」は2014年2月22日より全国で公開される。主演:中村蒼。公式サイト http://tokyo-nanmin.com/

 2014年2月22日より公開予定の映画「東京難民」(原作:福澤徹三、監督:佐々部清)が、静かな関心を集めている。どこにでもいそうな大学生が転落していく物語だ。

 「東京難民」には、若年層の貧困が深いリアリティをもって描かれている。困窮状態に陥り、そこから脱出しようとして問題をこじらせ、蟻地獄に落ちたかのように転落を続けるしかなくなる……という、非常にありがちなパターンとともに。

 原作者と監督は、この作品にどのような思いを込めたのだろうか?

映画の中のつくりごとではない「東京難民」
世の中にありふれている転落のパターン

 映画「東京難民」の冒頭は、激しい雨が降りしきる河原のシーンだ。主人公である青年・時枝修は、暴行を受けて血まみれで河原に捨てられる。そして「俺はもう終わってる」と心の中でつぶやく。

 東京都下の大学生だった修はある日、自分が在籍しているはずの大学を除籍されていたことを知った。ついで住まいを失い、ネットカフェ難民となり……と転落の一途をたどり、冒頭の河原のシーンとなる。まさに「東京難民」だ。

 試写を見た筆者は、スピード感のある物語の展開と切実な描写の数々に釘付けとなった。描かれる「踏み外し」「転落」の数々は、実際に世の中にありふれているパターンばかりだ。修のたどった道は決して「映画の中のつくりごと」ではない。

 映画「東京難民」は、来週・2014年2月22日より全国公開される。今回は、原作となった小説「東京難民」の原作者・福澤徹三氏と監督・佐々部清氏の、作品への思いを紹介したい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧