ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
消費税増税2014徹底攻略!

【意識調査でわかった消費者の本音】
増税前の「駆け込み消費」は本当に起きない?
“春分の日”以降の消費ラッシュに要注意

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第12回】 2014年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 消費税増税まであと残り1ヵ月。4月1日からは消費税が8%に、さらに2015年10月1日からは10%へと引き上げられる予定になっています。

 そうしたなかで私たち消費者を今、悩ませているのが増税前後の買い物でしょう。昨年6月に電通が行った消費者調査では、約7割が「駆け込み消費をする」と回答。また同社の試算によると、今回の消費税増税前の駆け込み需要は9兆3000億円と、1997年の増税時に比べて1.7倍になるといいます。

 では、増税前まであと1ヵ月となるなか、実際に駆け込み消費は起きているのでしょうか? また、これから駆け込み消費は活発化するのでしょうか。周囲に遅れをとって損をしないために、調査を基に今後の行方を探ってみましょう。

「結婚式」まで駆け込みで挙げた人も!
それでも18%にとどまる駆け込み消費

 ダイヤモンド・オンラインでは、ネット調査会社・リビジェンの協力を得て「消費増税に関する調査」を実施(実施日は2014年1月29日、対象は20代~50代の男女200名)。1月末までの時点で、「消費増税前にすでに“駆け込み”で購入した商品やサービスはありますか?」と尋ねたところ、「ある」と回答したのは全体の18%にとどまり、「ない」が82%に達しました。この時点では、まだ駆け込み消費は活発化していませんでした。

 では、「ある」と答えた人はすでに何を購入したのでしょうか? 同調査のなかで、「購入した商品やサービスは何かお教えください(複数回答可)」と聞いたところ、最も多かったのが自動車(9名)で、2番目が家具・インテリア(8名)、次いで住宅(7名)と、比較的高額な商品を購入する人が多いことがわかりました。

 一方で、食品・飲料類といった低額の生活必需品を購入した人は、3名にとどまりました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費税増税2014徹底攻略!

2014年年4月から、消費税率が5%から8%に引き上げられる。さらに1年半後には10%にまでの引き上げも待っている。前回の1997年の引き上げ以来、17年ぶりの消費税増税だけに、どのような影響が出るか、どんな準備をしたらいいのか迷うことも多い。景気にはどのような影響が出るのか、ビジネス上ではどんな準備をすればよいのか、個人の生活はどう守ればいいのか。「マクロ景気」「ビジネス」「個人生活」の3つの視点で、消費税増税を乗り切る「術」を考える。

「消費税増税2014徹底攻略!」

⇒バックナンバー一覧