ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
領域を超える経営学
【第4回】 2014年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
琴坂将広 [立命館大学経営学部国際経営学科准教授]

第4回
5年間のオックスフォード生活で得た広い視野
国境を越える、本物のグローバル人材を考える

1
nextpage

ベンチャー企業の経営者として実務に携わり、マッキンゼー&カンパニーのコンサルタントとして経営を俯瞰し、オックスフォード大学で学問を修めた琴坂将広氏。『領域を超える経営学』(ダイヤモンド社)の出版を記念して、新進気鋭の経営学者が、身近な事例を交えながら、経営学のおもしろさと奥深さを伝える。連載は全15回を予定。

オックスフォード大学で過ごした5年間

 経営学には直接関係ないということもあり、拙著『領域を超える経営学』(ダイヤモンド社)では、私のオックスフォード大学での生活に関してはほとんど何も書きませんでした。しかし、本連載は、こうしたエピソードもご紹介できる貴重な機会ですので、少し経営学から離れますが、今回はオックスフォード大学での日々を中心にお伝えいたします。

 私は、オックスフォード大学で経営研究の優等修士号(Master of Science in Management Research with Distinction)を取得するために、1年ほどを過ごしました。さらに、助手をしながら経営学の博士号(Doctor of Philosophy in Management Studies)を取得するために3年半ほどの期間を過ごしています。

 つまり、合計すると、約5年をオックスフォード大学で過ごしたことになります。日本で学部生が過ごす4年間以上の期間、オックスフォード大学にいたことになり、さすがにこれだけの時間を過ごせば、語れることもたくさんあります。

 そこで、今日はその一端を、みなさまにご紹介したいと思います。

 ここは1つ、コンサルタントを揶揄するための表現を使ってみましょうか。

 「私がオックスフォード大学での生活で心に残っているのは、3つあります」

  1.マートンカレッジで過ごした時間
  2.ハウスメイト達との楽しい4年間
  3.オックスフォード大学ヨット部でのセーリング修行

 いや、実際は3つ以上あるのですが、あまりにも長くなりそうなので……今回は上記の3つに絞って簡単にご紹介させてください(ご要望をいただいたら、また書きたいと思います)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


琴坂将広(ことさか・まさひろ) [立命館大学経営学部国際経営学科准教授]

慶應義塾大学環境情報学部卒業。在学時には、小売・ITの領域において3社を起業、4年間にわたり経営に携わる。 大学卒業後、2004年から、マッキンゼー・アンド・カンパニーの東京およびフランクフルト支社に在籍。北欧、西欧、中東、アジアの9ヵ国において新規事業、経営戦略策定のプロジェクトに関わる。ハイテク、消費財、食品、エネルギー、物流、官公庁など多様な事業領域における国際経営の知見を広め、世界60ヵ国・200都市以上を訪れた。
2008年に同社退職後、オックスフォード大学大学院経営学研究科に進学し、2009年に優等修士号(経営研究)を取得。大学の助手を務めると同時に、国際経営論の研究を進める。在籍中は、非常勤のコンサルティングに関わりながら、ヨットセーリングの大学代表選手に選出されるなど、研究・教育以外にも精力的に活動した。2013年に博士号(経営学)を取得し、同年に現職。専門は国際化戦略。
著書に『領域を超える経営学』、共編著に『マッキンゼー ITの本質』(以上、ダイヤモンド社)、分担著に『East Asian Capitalism』(オックスフォード大学出版局)などがある。
Twitter:@kotosaka


領域を超える経営学

ベンチャー企業の経営者として実務に携わり、マッキンゼー&カンパニーのコンサルタントとして経営を俯瞰し、オックスフォード大学で学問を修めた琴坂将広氏が、3つの異なる視点でグローバル経営の過去、現在、そして未来を語る。『領域を超える経営学』(ダイヤモンド社)の出版を記念して、新進気鋭の経営学者が、身近な事例を交えながら、経営学のおもしろさと奥深さを伝える。連載は全15回を予定。

「領域を超える経営学」

⇒バックナンバー一覧