ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伊藤元重の新・日本経済「創造的破壊」論

医療サービスにおける情報をオープンにし、
治療の「ベストプラクティス」を共有せよ!

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]
【第49回】 2014年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

産業を変える情報技術という原動力

 技術革新は経済や産業の姿を大きく変える原動力である。近年では、情報技術の発展が目覚ましく、多くの産業を変えようとしている。

 情報技術(IT)によって大きく変わりつつある産業の例はいくらでもある。情報技術の革新にも関わらず産業の姿が変わらないケースを探すほうが難しいかもしれない。金融、流通、モノづくり、土木建設、交通など、それぞれの分野で情報技術が産業の姿をどう変えようとしているのか分析してみれば、それぞれに面白い結果が得られるだろう。

 では、医療はどうだろうか。他の分野と同じく、医療の現場でもいろいろなかたちで情報技術の利用が拡大している。情報技術の恩恵を最も受けている分野の一つと言ってもよいだろう。

 しかし、現場のことをよく知っている専門家に話を聞くと、多くの人が厳しい見方を持っている。たとえば、次のような話をよく聞く。

 「電子カルテなどはいくつもの仕様があって、いろいろな病院のデータをつなげることができない」

 「米国などでは、医療の現場から上がってくるさまざまなデータがビックデータとして整備されており、経済学者などの専門家がそのデータを活用して多くの有益な成果を出している。それに対して日本ではデータの使い勝手が悪いだけでなく、一部の人しか利用できないデータもある」

 「欧州では家庭医(General Practitioner)と地域の専門病院が当たり前のように情報システムでつながっていて、患者の状況を相互に把握することができる。また、病院内では当たり前のように情報システムが利用されているのに、日本ではなぜかそれができていない」

 「震災や津波で多くの人が被災したとき、被災者のカルテがなくなり、どのような薬を常用しているのか、どのような病歴を持っているのかさえなかなかわからなかった。この情報化の時代に、なぜカルテやレセプトの一括管理ができなかったのか」

 専門家に聞くからなのか、日本の医療における情報システムの活用については、評価する声よりも問題点を指摘する声のほうが圧倒的に大きいように思える。情報システムの活用をどう変えていくかは、産業としての日本の医療の改革を進めていくうえで重要なカギとなるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

伊藤元重 [東京大学大学院経済学研究科教授]

いとう もとしげ/1951年静岡県生まれ。東京大学大学院経済学研究科教授。安倍政権の経済財政諮問会議議員。経済学博士。専門は国際経済学、ミクロ経済学。ビジネスの現場を歩き、生きた経済を理論的観点も踏まえて分析する「ウォーキング・エコノミスト」として知られる。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーターなどメディアでも活躍中。著書に最新刊『日本経済を創造的に破壊せよ!』(ダイヤモンド社)等多数がある。


伊藤元重の新・日本経済「創造的破壊」論

「アベノミクス」によって大きく動き始めた日本経済。いまだ期待が先行するなか、真に実体経済を回復するためになすべき「創造」と「破壊」とは? 安倍政権の経済財政諮問会議議員を務める著者が、日本経済の進むべき道を明快に説く! 

「伊藤元重の新・日本経済「創造的破壊」論」

⇒バックナンバー一覧