ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

人気すぎて削除された“幻”のスマホゲーム
「Flappy Bird」を動画で紹介

岡 徳之
2014年3月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
開発元の「.GEARS」のサイトから「Falappy Bird」は削除されている

 「Flappy Bird」という世界中で人気が爆発したスマホゲームをご存知だろうか。2013年5月に公開され、ダウンロード数は5000万回を超える。鳥のキャラクターをタップ操作であやつり、障害物をよけていくというシンプルなゲームだが、これが“あまりにも難しい”と話題になった。一時は世界中のアプリストアランキングで上位にランクインし、1日約5万ドルの広告収入を得たのでは!? とも噂された。さらに、同開発元の他の3つのゲームアプリもApp Storeでトップ10入りを果たすきっかけとなった。

 しかし、このゲームは今となってはもう遊ぶことができない。開発元であるベトナムの「.GEARS」が、2月9日にアプリストアから削除したからだ。

 人気絶頂のさなか、なぜそのようなことをしたのか。.GEARSはNguyen Ha Dong氏が1人で運営していると言われている。Dong氏は、Forbesのインタビューに対して「Flappy Birdはくつろぎながら数分間楽しむためにつくったものだ。ところが、中毒性のある製品になってしまった。このことが問題になっていると感じている」とコメントした。

 アプリストアからの削除については、いろいろな憶測が飛び交っている。そのうち最も多く語られているのが、任天堂「マリオブラザーズ」のパクリ騒動だ。

 主人公の鳥がよけなければならない「緑の土管」、そして主人公である鳥のキャラクターが、マリオに登場する土管や魚のキャラクターなどに酷似していると一部で批判されている。Dong氏はこれに対して「直接的に盗んだりはしていない。アートにすぎない」とツイッターで否定している。あるいはまた、話題作りのための削除では? とも言われている。

次のページ>> 幻のゲームをプレイ!
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

おか・のりゆき

「マイナビニュース」「J-CAST」など、主にウェブ媒体での執筆活動を行ない、IT業界全体を俯瞰するマ クロな視点とウェブ技術に特化したミクロな視点で、業界を定点観測している。デジタルネイティブ世代とロスジェネ世代の中間層(1986年1月生まれ)。PRエージェンシー勤務を経 て、2011年より企業広報・ソフトウェア開発を専門とした株式会社tadashikuを立ち上げる。国内大手BtoCブランドのPR業 務に従事し、国際的な広告賞を受賞したデジタルクリ エイティブキャンペーンにも携わった。


デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧