ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
美人のもと

DJ

西村ヤスロウ [広告プランナー]
【第47回】 2010年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー

 話していて気持ちのいい人と、なぜか気分が悪くなる人がいる。それは、単に滑舌がいいとか悪いとかの問題ではないように思える。

 美人はやはり話していて気持ちがいい。何が気持いいか。それはテンポである。

 人はそれぞれ、話すスピードがある。それは当然だ。ただ、会話するときはそのスピードを場に合わせて、ある程度コントロールする。そして、その場のスピードを徐々に決めていく。

 異なる複数のスピードをうまくつなげて、心地いいスピードを保ち続ける。音楽でそれをやっているDJに似ている。もちろん、DJのようにきっちり合わせる必要はないのだが、相手の話を聞きながら、会話の「つなぎ部分」で適度なスピードに持っていく。その後、自分の話しやすいスピードに調整する。意識的にではなく、自然とそれができる。

 これにはコツがあるようだ。テンポづくりがうまい人は、しっかり聞く人だ。相手の話を真剣に聞く。そうしていると適度なテンポがわかってくる。聞きながら、一緒になって相手の伝えたいことを考えるからである。その時に相手のテンポも伝わってくるのだ。今流れている曲のテンポを把握し、繋げ方をつくるDJ。いいDJは聴く能力が高い。

 それがわかれば、相手が話した後、どれくらいの「間」を置いて自分が話し始めればいいのかもわかってくる。テンポ名人DJは、この「間」の置き方がうまい。だから話していて自然と気持ちがよくなる。

 相手の話し方が気になってしかたない時というのは、たいてい速度の組み合わせが悪いのだ。

 それから、美人は相手が話している合間に、「うん」とか「そう」とかの合いの手を上手に入れる。効果音を上手に使うDJ。

 ところが、話の腰を折る人がいる。まだ話しているのになぜ話し始めているのか。大事なことは今からなのに。こういう人は聞きかたが下手なのだろう。相手の話の真意を知る前に自分の話をしようとする。そうするとテンポ調整もなくなる。

 まだ曲の途中なのに乱暴にカットインしてくる別の曲があり、しかたなく元の曲をフェイドアウトする感じ。そうなるとそれぞれの曲を目立たせるために、音が自然と大きくなる。美人が少ない場の会話は、いやに大声であることが多い。名DJが少ないからだろう。当然、その場から「美人のもと」が消えていく。美人が多い場は、会話が弾んでいるのに不快な大声はない。場のボリュームでチェックしよう。そして「美人のもと」をつくりやすい音のコントロールをしていこう。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西村ヤスロウ [広告プランナー]

1962年生まれ。プランナー。趣味は人間観察。著書に『Are You Yellow Monkey?』『しぐさの解読 彼女はなぜフグになるのか』などがある。


美人のもと

『経』に好評連載中の西村ヤスロウ氏によるエッセイ。「美人のもと」とは、女性なら誰しも持っているもの、「美人のもと」を磨き続けるためのコツを解き明かす。

「美人のもと」

⇒バックナンバー一覧