ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

飲む前に牛乳を飲めば酔わない、は本当?
お酒に酔いにくくする食事の裏ワザ

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第46回】 2014年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

どのくらい飲めば酔っちゃう?
体重と酒量でわかる「酔っ払い度数」

 飲み屋のハシゴをしない、終電前にきっちり解散、上司にお酒をすすめられてもあっさり断る、そもそも仕事の付き合いで飲みには行かない…など、最近サラリーマンのお酒事情も変わってきている。そんなお酒をとりまく環境の変化と共に、酔わない対策にも変化が必要かもしれない。

 酔いやすいお酒、酔いにくいお酒でいえば、アルコール度数が影響することは言わずもがな、である。でも、アルコール度数が高いとはいえないビールでさえ、一気飲みをすれば一気に酔いがまわることもあるわけだ。自分が持っているアルコールの分解速度を著しく超えるような飲み方をすれば、どんなお酒にだってカウンターパンチをくらうし、BARでアルコール度数の高いお酒をロックで飲んでいても、水と共にゆっくりと楽しんでいれば問題ないことだってある。

 でも、客観的な目安として、自分がどのくらい飲んだらどうなるのか、知っていても損はないはず。体重から求められる酒量と酔いの程度は以下で計算ができる。

 血中アルコール濃度(%)={飲酒量(ml)×アルコール濃度(%)}÷{833×体重(kg)}

(主なお酒のアルコール度数はビール5%、日本酒15%、焼酎25%、ワイン14%程度)

 たとえば、体重70kgの人が、ワインを1/2本飲んだとすると

 375ml×14% / 833×70㎏ = 0.09%

 となる。0.05%を境にほろ酔い期に入り、0.10%を超えると酩酊初期になる。ここまでくると、声が大きくなったり、気が大きくなったり、失態をおかす可能性もググッとあがってくる。この計算式は空腹時のものなので、食べながら食事をした際には少なからず軽減されるが、接待や上司と飲む際には、この線を越えないように意識するのが身のためかもしれない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧