ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

『失恋ショコラティエ』の妄想シーンに大反響
女性向け「恋愛妄想市場」が今アツい!?

小川 たまか
【第166回】 2014年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 甘酸っぱい恋愛模様を描いたストーリーで好評を博し、佳境を迎えている今期の月9ドラマ『失恋ショコラティエ』。少女漫画を原作としたドラマだが、話題になったシーンのひとつが、たびたび挿入される「妄想シーン」だった。主人公が片思い中の女性を部屋で押し倒すなど大胆な展開……と思いきや「妄想」、という展開だ。「NAVERまとめ」ではこの妄想シーンのまとめが何本もアップされ、かなりのアクセス数を集めている。

 この「妄想」について「トレンド総研」(東京都渋谷区)が調査を行ったところによると、現在、女性向け「恋愛妄想市場」が急成長しているという。一体、なぜ女性たちは「恋愛妄想」にはまってしまうのだろうか。

 調査期間は2014年2月20日~24日。調査方法はインターネット。調査対象は10~30代の未婚女性500人(性別で均等割付)。

女性の4人に3人が「恋愛妄想好き」

 「あなたは、恋愛に関する妄想が好きですか?」という問いに、「好き」と答えた女性は72%。なんと約4分の3が「好き」と答えた。また、恋人がいる女性に限ると81%が「好き」と回答しており、どちらかというと恋人がいる女性の方が「妄想が好き」という傾向があった。

 「現実にはいない、理想的な恋人(=“妄想彼氏”)との恋愛について想像したことがありますか?」という質問でも、半数以上にあたる51%が「ある」と回答した。“妄想彼氏”の具体的な内容は、次のようなもの。

 「クールで偉そうでわがままだが、ときどき素直な面を見せてくれるようなイケメン」(30歳・三重県)
 「高身長のマッチョで、私を守ってくれる優しい人」(26歳・神奈川県)
 「好きな声優さんと同じ声で、ちょっとやんちゃな人」(33歳・埼玉県)
 「昔のまんがに出てきそうな身分を隠した王子」(32歳・愛知県)
 「世界を征服する力を持つ人」(34歳・東京都)
 「ロボットの彼」(26歳・兵庫県)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧