ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
消費税増税2014徹底攻略!

バラバラの価格戦略をとった牛丼3社
安さのすき家か付加価値の吉野家か

(ビジネス編第13回)

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第28回】 2014年3月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

お父さんのスーツに次ぐ
削減の代表格・外食

Photo by Ryosuke Shimizu

 消費増税でいちばん割を食う業界はどこか――。

 年明けから小売りや外食、住宅や自動車などの業界でたびたび話題に上っていたのだが、必ずといっていいほど挙げられていたのが「外食は強烈な逆風を受ける」というものだ。

 2013年の労働者一人が得た月平均給与総額は31万4054円で2012年よりも73円下回っている。また物価上昇分を除いた実質賃金指数を見ると、2013年は前年比0.5%減。そこへ4月1日の消費増税がやってくる。

 賃金は上がらず支出が増える状況では、外食へ行く機会を減らそうとするのは自然なことだ。ある大手外食チェーン幹部も「お父さんのスーツと外食は真っ先に削られるのは間違いない」と諦め顔だ。

Photo by R.S.

 ただ、「ランチは削れないから、1000円以下で食べられるファミレスや牛丼チェーンは影響は小さいだろう。一番影響を受けるのは2次会需要の受け皿となっている飲み屋、高級料理店ではないか」との見方もある。

 そんな4月からの荒波を乗り越えようと、外食業界のなかでも、安く手軽に庶民の胃袋を満たしてくれる牛丼チェーン3社は、さっそく対策を打ち出している。これまで3社ともに「牛丼」/「牛めし」の並盛りは280円だったが、「すき家」は10円値下げして270円、吉野家は20円値上げして300円、松屋は10円値上げして290円となった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費税増税2014徹底攻略!

2014年年4月から、消費税率が5%から8%に引き上げられる。さらに1年半後には10%にまでの引き上げも待っている。前回の1997年の引き上げ以来、17年ぶりの消費税増税だけに、どのような影響が出るか、どんな準備をしたらいいのか迷うことも多い。景気にはどのような影響が出るのか、ビジネス上ではどんな準備をすればよいのか、個人の生活はどう守ればいいのか。「マクロ景気」「ビジネス」「個人生活」の3つの視点で、消費税増税を乗り切る「術」を考える。

「消費税増税2014徹底攻略!」

⇒バックナンバー一覧