ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか
【第3回】 2014年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
本田直之 [レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO]

日本人であることのメリットのほうが大きい
【フランス「レストラン ソラ」吉武広樹シェフ】(後編)

1
nextpage

2012年には開店からわずか1年強で、『ミシュランガイド フランス』で一つ星を獲得した「フランス レストラン ソラ」。吉武広樹シェフは「日本人であることのメリットのほうが大きい」と言います。『なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか』著者の本田直之氏による、インタビューの後編です。

パリで一つ星を取ることの意味

吉武広樹 シェフ Hiroki Yoshitake / Restaurant Sola 1980年、佐賀県生まれ。専門学校卒業後、「ラ・ロシェル」「ル・ピラート」で6年間の修業後、世界を放浪。2008年にパリで修業を始め、2009年 シンガポールに「Hiroki 88@Infusion」をオープン。パリへと戻り、2010年「レストラン ソラ」をオープン、2012年には開店からわずか1年強で、ミシュランで一つ星を獲得した。
レストラン ソラ / Restaurant Sola 12 Rue de l'Hotel Colbert, 75005 Paris, France  Tel +33 01 43 29 59 04 http://www.restaurant-sola.com/
 

 将来どうなりたいかというビジョンを固めることはもちろんですが、もっと大切なのは、そこから逆算して考えること。目指すべき道がわかることで、自分に必要なものが何かわかるからです。シンガポール時代に、彼が今やるべきだと感じたのは「星を取る」ことでした。

 「35歳、40歳になったときには、自分の将来やビジネスのことも考えていかなければなりませんよね。そのために重要だったのが、パリでの一つ星。自分の価値を上げてくれることにもなるし、それがあるだけでビジネスのやりやすさがまったく変わってくるので。まずはパリで一つ星を取って、店をある程度うまく回るようにして、将来的にはまたシンガポールとか、別の場所にも広げていければと考えています」

 実は海外にはチャンスがある。これは、今回の書籍のためインタビューをした多くのシェフやソムリエが話してくれたことです。

 「パリは世界遺産の街ですから、常に観光客が絶えません。レストランの絶対数が決まっているのもポイントです。レストランが閉まっても、その物件にはまた新しいレストランが入る。日本だったら数がどんどん膨れ上がるんですが、そういうことはありません。だからある程度以上の料理を出せば、どんなレストランでも毎日満席になるんです。最初の資本金が大きいから、急にレストランをやりたいと思っても、そう簡単にはできません。でも、一度信用さえついたら、次の店もやりやすい。そういった面でもパリはすごく魅力的なんです」

 パリには、権利を買わなければレストランを開くことができないという特殊なシステムがあります。日本のように、そのへんの住宅街で突然レストランを始めることはできないのです。もちろんレベルは高いけれど、競争率からすれば日本よりも楽かもしれません。
 しかも、現在は、日本人であることがデメリットになる時代ではありません。フランスで有名なレストランガイド『ゴー・ミヨ』などを見ても、続々と日本人シェフの特集が組まれる状況になってきています。

 「10年、15年前は下に見られていたかもしれませんが、ステラマリスの吉野さんとか、ひらまつの平松さんとか、みなさんが日本人の地位を引き上げてくれましたから。今、僕たちのような日本人シェフは、すごく評価もされやすくなっています。逆に、日本人であることのメリットのほうが大きいと思いますね」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


本田直之 [レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO]

シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締 役としてJASDAQ上場に導く。 現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ取締役、米 国Global Vision Technology社取締役、Aloha Table取締役、コポンノープ取締役、エポック取締役などを兼務。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活する デュアルライフをおくっている。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、『あたらしい働き方』『Less is More』(ダイヤ モ ン ド 社 )『 ノ マ ド ラ イ フ 』( 朝 日 新 聞 出 版 )『 パ ー ソ ナ ル ・ マ ー ケ テ ィ ン グ 』( デ ィ スカヴァー・トゥエンティワン)などがあり、著書累計250万部を突破し、韓国、台湾、 中国で翻訳版も発売されている。著者のプロデュースも行っており、50万部を突破した『伝え方が 9 割』『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』をはじめ合計150万部を突破しいずれもベストセラーとなっている。講演活動は国内だけでなく、アメリカ、オーストラリア、カナダ、中国、シンガポール、韓国、香港、台湾など海外でも行っており、学生向けには早稲田、慶応、明治、 一橋、筑波、立教、法政、上智など様々な大学で講演を行っている。サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)、明治大学商学部産業経営学科卒、(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、アカデミーデュヴァン講師、明治大学・上智大学 非常勤講師

 


なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか

Michelin France 2014年で、日本人シェフの星付きレストランは合計20軒に! 「なぜ、日本人シェフが世界で勝負できたのか」著者の本田直之氏は、世界で活躍する日本人シェフをインタビュー。日本人は欧米にあわせるのではなく、元来もっている日本人のよさ、強みをいかして海外に羽ばたく時代がきた!

「なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか」

⇒バックナンバー一覧