ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか
【第2回】 2014年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
本田直之 [レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO]

同じ土俵で戦わず、自分の強みで勝負する
【フランス「レストラン ソラ」吉武広樹シェフ】(前編)

1
nextpage

2012年に開店からわずか1年強で、『ミシュランガイド フランス』で一つ星を獲得した「フランス レストラン ソラ」。吉武広樹シェフに「どうやって海外に出ていき、どうやって成果を上げたのか」『なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか』著者の本田直之氏が、インタビューします。

世界を放浪して見つけた「やりたいこと」

吉武広樹 シェフ Hiroki Yoshitake / Restaurant Sola 1980年、佐賀県生まれ。専門学校卒業後、「ラ・ロシェル」「ル・ピラート」で6年間の修業後、世界を放浪。2008年にパリで修業を始め、2009年シンガポールに「Hiroki 88@Infusion」をオープン。パリへと戻り、2010年「レストラン ソラ」をオープン、2012年には開店からわずか1年強で、ミシュランで一つ星を獲得した。
レストラン ソラ / Restaurant Sola 12 Rue de l'Hotel Colbert, 75005 Paris, France  Tel +33 01 43 29 59 04 http://www.restaurant-sola.com/

 海外でミシュランの星を取っている日本人シェフを、3人も輩出しているレストランがあります。それが「料理の鉄人」でもおなじみ、坂井宏行シェフの「ラ・ロシェル」。そのうちのひとりが、パリのフレンチ「レストラン ソラ」の吉武広樹シェフです。彼は、福岡の調理師学校を出たあとラ・ロシェルに入ります。3年働いたあと、ラ・ロシェルから独立したシェフがつくった「ル・ピラート」でまた3年、合計6年の修業ののち、1年間バックパッカーで世界を放浪しました。 

 「アジアからインド、ネパール、エジプトと中東をへて、そこからヨーロッパを回ったあと、アメリカに渡り、そこで1年ぐらい経ってしまったので日本に戻りました。いろんな国を回って思ったのは、フランス料理の偉大さ。やっぱり細かいし、深いし、自分のやりたいのはフランス料理だというのを再確認して、学生ビザを取ってパリに行ったんです」

 海外に出てみて、本当にやりたいことが何なのか気づくことができた。しかし、料理人として海外に修業に出る人が多いなか、放浪することに焦りはなかったのでしょうか。

 「そのときは、すごくいい毎日を送ってたので(笑)。包丁とか、調理道具一式を全部持って歩いていて、泊めてもらう代わりにゲストハウスのキッチンを手伝ったり、日本料理を教えたり。旅の途中で出会った人の結婚式の料理を任されたりもしました。バックパッカー仲間にも、『料理人はいいな、どこに行っても食いっぱぐれないし』って言われていたくらい。1年間海外で働いても、そんなに毎日、新しいものを得られるわけじゃありませんよね。でも、そうやって旅をしてると、もうまったく違う毎日なので」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


本田直之 [レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO]

シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締 役としてJASDAQ上場に導く。 現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ取締役、米 国Global Vision Technology社取締役、Aloha Table取締役、コポンノープ取締役、エポック取締役などを兼務。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活する デュアルライフをおくっている。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、『あたらしい働き方』『Less is More』(ダイヤ モ ン ド 社 )『 ノ マ ド ラ イ フ 』( 朝 日 新 聞 出 版 )『 パ ー ソ ナ ル ・ マ ー ケ テ ィ ン グ 』( デ ィ スカヴァー・トゥエンティワン)などがあり、著書累計250万部を突破し、韓国、台湾、 中国で翻訳版も発売されている。著者のプロデュースも行っており、50万部を突破した『伝え方が 9 割』『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』をはじめ合計150万部を突破しいずれもベストセラーとなっている。講演活動は国内だけでなく、アメリカ、オーストラリア、カナダ、中国、シンガポール、韓国、香港、台湾など海外でも行っており、学生向けには早稲田、慶応、明治、 一橋、筑波、立教、法政、上智など様々な大学で講演を行っている。サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)、明治大学商学部産業経営学科卒、(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、アカデミーデュヴァン講師、明治大学・上智大学 非常勤講師

 


なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか

Michelin France 2014年で、日本人シェフの星付きレストランは合計20軒に! 「なぜ、日本人シェフが世界で勝負できたのか」著者の本田直之氏は、世界で活躍する日本人シェフをインタビュー。日本人は欧米にあわせるのではなく、元来もっている日本人のよさ、強みをいかして海外に羽ばたく時代がきた!

「なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか」

⇒バックナンバー一覧