経営 × オフィス

全世界4億人突破の定番アプリ
ビジネスマンのためのLINE活用術

週刊ダイヤモンド編集部
【14/4/19号】 2014年4月14日
1
nextpage

 2014年4月1日、無料通話・メッセージアプリ「LINE」の利用者数が世界で4億人を突破した。日本発のサービスが成し遂げた快挙に、インターネット業界にお祝いムードが漂っている。

 渋谷のLINE本社には、胡蝶蘭やLINEキャラクターに似せた花などが次々と届き、受付に並んだ花でオフィス内にその匂いが充満するほどである。

 ただ、LINE社員は淡々としている。4億人突破の一報に際しても、パソコンに向かう手を止めるぐらいで、すぐに通常業務に戻ったという。イベントを開かないのも、「年内5億人目標の通過点にすぎない」と考えているからだ。

 LINEは、11年6月23日にサービスを開始して以来、利用者数を伸ばし続けている。国内利用者は5000万人を超え、スペインやタイ、インドなど世界に浸透している。

 当初は、575日間かけて1億人を突破したものの、その後一気に加速。184日間で2億人に到達し、3億人と4億人に至るまでは、各127日間しかかかっていない。この勢いが続けば、8月上旬に5億人を達成できるほどだ。

 LINEの特徴は、スマートフォン上で親しい人とメール感覚でやりとりできる「メッセージ機能」と、絵文字のように感情表現をできる「スタンプ機能」にある。アプリ同士の「無料通話機能」も人気で、一部端末では一般の電話にもかけられるようになった。

 驚くべきは、その利用率である。ある大手キャリアが14年1月に実施した国内調査では、スマホ利用者の74%がLINEを月1回以上利用していた。特に、「10~20代の女性」の利用率が90%を超え、もはや携帯メールに替わる“インフラ”と化しているのだ。

 世界で見れば、このようなアプリはLINEだけでない。主要なアプリはLINE同様に急成長し、ネット業界に大きなうねりを起こしている。

1
nextpage

「経営×オフィス」を知る ワークスタイルで変わるオフィスとは?

  • ワークスタイルの変革とオフィスの変化
  • 創造性を育む「クリエイティブ・オフィス」の作り方
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 快適性×オフィス=社員が変わる
  • 働き方の多様化が進むほどオフィスの役割は重要になる 新しいワークスタイルとオフィスの進化

OFFICE TOPICS 働く場所・働き方・働く人

「経営×オフィス」を見る 理想のオフィスのつくり方

 

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧