ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第22回】 2014年5月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

「小林さんが憲法を読んで伝えるというのは、まさに伝え方のギャップ法ですね」
【小林麻耶×佐々木圭一】(前編)

1
nextpage

局アナからフリーアナウンサーとして活躍の幅を広げる小林麻耶さんが日本国憲法を読み上げる『「聴く」日本国憲法』。58万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者でコピーライターの佐々木圭一氏はこれをどう聴いたのでしょうか。BS朝日『ポップメイカー』でも共演する2人が音声と活字、メディアで伝えることに、こだわることとは。
(取材・構成/森 綾 撮影/小原孝博)

憲法でも語尾に小林麻耶らしさが!?

佐々木『ポップメイカー』ではお世話になっています。いつも隣りに並んでいるので、こうして向かい合うと緊張しますね。

小林麻耶(こばやし・まや) 2003年、アナウンサーとしてTBSに入社。『チューボーですよ!』『世界・ふしぎ発見!』『王様のブランチ』などの番組で人気を博す。『輝く!日本レコード大賞』では5年連続で司会を務めた。2009年、フリーランスとして『総力報道!THE NEWS』のメインキャスターに抜擢。以後、爽やかな個性を発揮して各メディアで活躍中。著書に『まや☆日記』(小学館)、「小林麻耶のゴルフに恋して?ゴルフスコア「88」までのgolf diary?」(三交社)がある。

小林 そうですね!私も緊張します。番組が始まって4ヵ月経ちましたが、初めて向かい合いましたね。今日はよろしくお願い致します。佐々木さんは生放送のMC、初挑戦だったんですよね?

佐々木 はい。「MCって何?」くらいに僕はテレビのことを知らなくて……。ところでこの『「聴く」日本国憲法』で、憲法を読み上げていらっしゃる小林さんは、僕が番組で知っている小林さんとはちょっと違いますよね。

小林 どんな風に違いますか?

佐々木 僕らの知ってる小林さんは可愛らしくてワンピースを着て笑っているという感じだけれど、憲法を読む小林さんはスーツを着ている感じ。発声法も違うんじゃないですか。

小林 あまり意識はしていないのですが、「アナウンサー」の仕事の時は、スタジオや録音ブースに入ると、自然と呼吸法や意識が変わるような気がします。今回は「聴く日本国憲法」で憲法全文を朗読させて頂いたのですが、憲法のCDというと、重厚感があり、硬くて、背筋がピシッとのびるようなイメージが私の中であったので、低めの声で練習を重ね、
「小林麻耶の新たな境地か?!」と相当、意気込みました。いよいよ録音スタート!
すると、すぐにスタッフさんから「低めの声ではなく、普段の声で読んで欲しい」と言われたのです。

佐々木 オーダーは違ったわけですね。

小林 はい。「国民のために存在する憲法が、今は遠い存在になっている。憲法をもっと身近に感じてもらいたい。」という企画意図の説明をしていただき、なるほど!と納得しました。そこから、自然に読むことを心がけました。

佐々木 そういうことだったんですね。とはいえ、テレビで見る小林さんとは違う声の魅力があります。声でそこまで表現できるんだって軽い驚きがありました。この本の朗読は、前文から始まるんですよね。

小林 前文の前に、上諭があります。

佐々木 前文の冒頭の部分など、「しっかり伝えるぞ」みたいな感じが、すごく伝わってくるんです。とはいえ、語尾のところに小林さんらしさがあるなと(笑)。

小林 (笑)出ちゃってました?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧