ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

「新規ビジネス参入」の真意を話そう
自らを変化させ続ける任天堂の未来とは
――岩田 聡・任天堂社長インタビュー【前編】

石島照代 [ジャーナリスト]
【第49回】 2014年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5

 おそらく、普通の仕事よりたくさん汗をかかないと、お客さんは驚いたり感動したりしてくれないでしょう。反面、自分がやったことで地球の裏側の人までニコニコしてくれる人たちがいるのを実感できるので、それがどれだけやりがいがあるか考えると、頑張っちゃうんですよ。「それを面白そうだと思う人だけが任天堂には向いている」と私は学生さんに説明会で直接言っています。給料袋だけが欲しい人が一人もいないとは言い切れませんが、それだけの人は少ないと思いますよ。

 もっと言えば、任天堂の仕事はモノを作るだけじゃありません。開発に直接携わらない社員も、作ったものを伝えて、届けて、その後のフォローにも関わっているんです。何を作ってもお客様に伝わらなければ仕方ないですから。

 さらに、今までにないものを作ると誤解されることは普通に起こるわけで、それを防いで、お客様のよい反応をどうしたら増幅してより多くのお客様に伝えられるかを、社員全員が考え続けていかなければならないですよね。それは広報担当者が事務的に、あるリリース発表文をどこへ持って行けばいいとかいうのとは、まったく違うことなんです。

 そのプロセスに参加した結果、お客さんに熱狂的に楽しんでいただいたり、親子で一緒に楽しく遊ばれている光景を自分自身で目撃できたり、地球の裏側で「何の仕事をしているの?」と聞かれても、「ニンテンドーで働いている」と言うだけで理解してもらえたりするんですね。それがどれだけやりがいに繋がるかという点では全社員共通だと思うので、「もし効率よくいい思いがしたいならウチはいい職場じゃない」ということは、開発の人だけに言っているわけではありません。

――つまりどのセクションにいても、お客さんを楽しませたいと思わない人には任天堂はつらい職場だと。

岩田 はい。お客様が楽しんでくれることからエネルギーを得られない人にはつらい仕事だと思いますし、みんなが「お客様を楽しませたい」と思っている集団じゃないといけないと思っています。そうしないとお客さん本位の対応ができる会社にはならないですから。

~後編『任天堂だからこそできることは必ずある 市場調査では生み出せない前代未聞な商品を届けたい』に続きます。

previous page
5
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧