ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

地元には全国から批判の声が殺到。
親子の対立と断絶まで生んだ「八ツ場ダム」に解決の糸口はあるのか?

――57年にわたり、公共事業に翻弄された地元住民の本音に迫る

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第17回】 2009年10月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
前原国土交通相
八ツ場ダム建設予定地を訪れた前原国土交通相。住民側が対話を拒否したこともあり、大きな話題となった

 10月9日、前原国土交通相は、こう宣言した。

 「(48のダム事業について)年度内に工事の各段階に新たに入らないことと致します」

 急ピッチで進む公共事業の見直し。全国に激震が走った。多くの人、金を巻き込んできた公共事業をなぜ中止しなければならないのか、そこからどのような問題が生じるのか――。震源地となった八ツ場ダムにカメラを入れ、地元住民の本音を追跡。そして、民主党の政策にも影響を与えた、ダム反対のキーマンを直撃取材した。

全国から批判が殺到。
孤立感を深める地元

 八ツ場ダムの地元、長野原町は群馬県の北西部にある。ダムは、ここを流れる吾妻川の水をせき止めてつくられる予定だった。水没予定地には、現在100あまりの世帯があり、高台に造成されている代替地へ移転している最中だ。町の顔となっている7軒の温泉宿も、代替地で新たな温泉街を開く計画となっていた。

八ツ場ダム
今も工事がつづく八ツ場ダム

 いま、町役場には全国から批判の声が殺到している。9月23日、前原国土交通相がダムの視察に訪れた際、住民側は対話を拒否した。新聞やテレビで事実を知った人々が、「ダム建設中止は民意だ」「中止を受け入れろ」と手紙やメールを送ってきたのだ。その数は4000通にものぼる。

 「私たちの思いは、なかなか分かってもらえない」、住民は困惑気味に話した。

反対から賛成へ。
公共事業に翻弄された人々

温泉街
町の顔、温泉街。開発が遅れ、老朽化が進んでいる

 地元の人々が「ダム建設」にこだわるのはなぜか。現実の問題として、事業が大幅に遅れているために、町の開発が進んでいない、ということがある。しかし、町の人が強調するのは現在進行形の問題よりもむしろ、ここに至るまでの57年という「時間」だ。

 長野原町にダム建設の話が持ち上がったのは昭和27年。下流域の洪水を防ぐため、そして後に、「首都圏の水がめ」という目的が加わった。昭和40年に、事業の推進が本格化すると、水没予定地に住む人々を中心に、激しい反対運動が起こった。

 しかし建設省は、昭和42年、地元に「調査出張所」を設置。一方で駅前には「生活再建相談所」ができ、「ダム建設」は「地域振興」とセットで語られるようになっていく。そして、「補償金」「補助金」といったカネの噂が絶えなくなったという。次第に「ダム賛成派」が生まれ、反対派と対立。地域のコミュニティーは分裂していった。

 反対運動の渦中にいた、竹田博栄さん(79)は言う。

 「人間同士のいざこざというのも随分ありましたね。疑心暗鬼と言うんですかね。何かというとすぐ、カネ儲けだとかね・・・」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧