ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
通貨革命か、それとも虚構か?「ビットコイン」を正しく理解する 野口悠紀雄

分散市場と自動化企業が作る未来社会
――起業が容易になれば社会は進歩する

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第12回】 2014年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 社会の進歩は、技術革新や新しいビジネスモデルによってもたらされる。それらの多くは、伝統的な企業の中から生まれるのではなく、新しく興された企業によってもたらされる。だから、起業の可能性が高まることは、社会の進歩にとって基本的に重要な意味を持つ。

 ビットコインとその拡張技術は、さまざまな意味において、起業の可能性を増大させる。とりわけ、分散市場とDAC(Decentralized Autonomous Corporation=自動化された企業)がもたらしうるものは、きわめて大きい。

 これらの大部分がまだ構想段階であり、現実には存在していないのは事実である。だから、「そんなことが実現できればすごいが、実現できないだろう」と考える人が多いかもしれない。

 しかし、いま状況は急速に展開している。数ヵ月経っただけで、事態はかなり変わってしまっている。以下では、最近の動向を紹介することとしよう。

 それに先立って、まず、これまでに存在する仕組みを見ておこう。第1は、起業のための資金調達、第2は予測マーケットである。

キックスターター:
注目を集めるクラウドファンディング

 新事業の資金調達手段としては、現在、つぎのようなものがある。

 第1は、IPO(新規株式公開)である。ただし、これには、コストがかかる。ツイッターは、IPOに6000万ドルもの費用を支払ったとされる。これは特別な例としても、IPOには巨額の費用が必要だ。

 また、監督官庁による規制もある。審査のために膨大な資料を準備しなければならず、さまざまな点で監督官庁の指導に従わなければならない。

 また、そもそもIPOは、非上場企業の事業が軌道に乗り、安定的な収益を上げられる見通しがたった後に行なうものである。ネットスケープは事業の目処がつかないうちにIPOを行なったが、これはまったくの例外だ。事業のアイディアだけでIPOすることは、普通はできない。

 そこで、IPOが可能になる前の段階にある事業の資金調達が必要になる。IT革命で大きな役割を果たしたのは、ベンチャーキャピタルだ。アップル、ヤフーなど多くの企業が、これによって事業をスタートさせた。シリコンバレーのIT企業にとって、ベンチャーキャピタルは本質的な役割を果たした(拙著『アメリカ型成功者の物語』新潮文庫を参照)。

 比較的最近行なわれるようになったものとして、クラウドファンディング(crowdfunding)がある。これは、インターネット上でアイディアを公開し、それに賛同する不特定多数の人々から比較的少額の資金を募るシステムだ。なかでも、2009年に設立された「キックスターター」(Kickstarter)が注目されている。

 これは、クリエイティブなプロジェクトのためのクラウドファンディングだ。対象とするのは、新商品の開発、映画、音楽、演劇など。「インディゴーゴー」(indiegogo)も同様のサービスを提供している。商品化プロジェクトでは、商品化後に一般販売価格よりも低価格で入手できる。ただし、プロジェクトの所有権を主張することはできないし、コントロールもできない。

 これまでは、個人のアイディアの商品化は難しかった。この仕組みを使うことで、大組織に属していなくとも、アイデアを実現することができるようになったと言われる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


通貨革命か、それとも虚構か?「ビットコイン」を正しく理解する 野口悠紀雄

インターネット上で使われている仮想通貨である「ビットコイン」にに対する関心が、急速に高まっている。この連載では、「ビットコインが何をもたらすにしても、それは通貨史上の大きな革命であるばかりでなく、まったく新しい形の社会を形成する可能性を示した」との認識に立ち、ビットコインの仕組みを解説し、それがもたらしうるものについて論じる。

「通貨革命か、それとも虚構か?「ビットコイン」を正しく理解する 野口悠紀雄」

⇒バックナンバー一覧