ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

「ひとり1200円」という、あまりに安い命の値段。
ナイジェリアの少女たちを守るために、企業は何ができるのか?

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第111回】 2014年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 それにしても、ひどい事件だ。ナイジェリアで起きている、少女集団拉致事件である。

 アフリカのナイジェリアにおいて2002年にその存在が確認され、2009年あたりから活発なテロ活動を行なってきた反政府勢力「ボコ・ハラム」が先月(4月)、女子ボーディング・スクールを襲撃し、200名以上(一説には250名以上)の女子学生を拉致。「奴隷として売り飛ばす」との犯行声明を堂々と発表し、国際的に大きな非難を浴びるなかで、さらに8名以上の女子学生を拉致した。また、多くの人が集まる市場も襲撃、多数の死者(125名以上とも150名以上とも報じられている)を出している。

 これらの完全に時代に逆行する蛮行に対して、世界中の要人たちも激怒。ミッシェル・オバマ米大統領夫人は激しい抗議声明を発表し、フランスのオランド大統領はナイジェリアとその近隣諸国に対して安全保障会議の開催を提案している。

 このような事件はいつもそうだが、欧米の主要メディアやアルジャジーラなどと比べて、日本のメディアでは取り上げ方というか空気感がまったく違う。

 たとえば、「TIME」最新号(5月19日号)では3ページ、「The Economist」でも数ページに渡る記事を載せている。つまり、メディア的にもまだ「終わってない」事件だというわけだ。一方、これら海外メディアの関心と比べて、日本のメディアのこの事件に対する関心は非常に低い。それでも「少女を集団で拉致して、奴隷として売り飛ばす」という犯行声明、そして「ひとり1200円」という価格は衝撃的だったようで、少しはニュース番組や新聞などでも取り上げられた。

少女ひとり1200円。
命の安さに受けた衝撃

 しかし(やはりというか)、この事件の本質的なことはあまりキチンと伝わっていない。そのことは、ある番組で某出演者が発したコメントに象徴されている。この出演者は、「ひとり1200円」という値段に触れて、「(もっと高い値段を出して)買い戻せばいいじゃないか」と発言したという。

 念のために断っておくが、この発言を僕は番組で見たわけではなく、ネットでそのような「記事」を読んだだけなので、実際にこのような発言があったかどうかは確認していない。しかし、その出演者と同じような感想を持った人が多数いても不思議ではないとも思っている。それほど「少女ひとり1200円」という値段、そのあまりの命の安さは衝撃的だったと思う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧