HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

混合診療を望む患者は「私の周りに3人いる」!?
もはや風前の灯の「選択療養制度(仮称)」

早川幸子 [フリーライター]
【第73回】

 4月23日に行われた規制改革会議後の記者会見で、会議側が提案している選択療養制度(仮称)をめぐって、こんな珍問答が交わされた。

記者「岡議長は、今の制度で救い切れない人がいるという認定をされているわけですね。それは誰なのですか」

岡議長「国民です」

記者「どの国民ですか」

岡議長「日本の国民でしょう」

記者「だから、誰ですか」

岡議長「それは一人一人確認しなければわかりませんね。でも、私は少なくとも周りにそういう形の患者を3人見ています」

 ………中略………

記者「それはわかりました。それはよくわかるのですが、制度を変えるということであれば、具体的なニーズがどこにあるのかをきちっと情報提供することはやはり必要なのではないですかということです」

岡議長「それはそうかもしれません。私はこの制度ができたらたくさんの方からよくやったと言われると期待していますよ。今御質問のどれぐらいのパーセンテージとか、どれぐらいの人がいるかということについては把握していません。それは事実ですから申し上げます」

(内閣府「第30回規制改革会議終了後記者会見録」より)

 記者からの質問に答えているのは、規制改革会議の議長で住友商事相談役の岡素之氏だが、それにしても素直な人だ。

 もしも選択療養制度(仮称)が実現したら、実質的な混合診療の全面解禁となり、一国の医療制度を根底から変える一大事だ。それなのに、制度を必要としている患者は「私の周りの3人」で、具体的なニーズがあるかどうかも把握していなかったことを、議長自らが暴露してしまったのだから。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。

「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」

⇒バックナンバー一覧