ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2015卒向け はじめる前に知りたい!先輩たちの就活事情

大企業、中小企業の採用担当者たちの本音は?
採用・就職活動のルールが大きく変わる16卒採用

ダイヤモンド就活ナビ2015
【コラム③】 2014年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2013年4月、政府は経済界に採用活動開始時期の繰り下げを要請した。すなわち、2016卒の学生から、広報活動は12月開始から3月へ、選考は4月から8月開始に変更としている。本件に関して、企業に実施の是非と感想を求めたところ、さまざまな意見が寄せられたので紹介したい。

16卒採用で採用時期が遅くなることの感想

従業員501名以上の企業

[大変良い]
●選考活動が、学業の妨げになってはならないため。

[良い]
●日本貿易会の方針通り、採用活動を遅くし、学業への影響を減らすべき。

●採用事務が短期化できる。

[良いとも悪いとも言えない]
●企業から見ると悪いが、社会的にみると良いと思っている。

●他社の動向の変化により、内定出し後の歩留まりが読みづらくなる可能性があるため。

●実際に動いてみないと分からないが、学生の二極化がより進んでしまうと思われる。

●新入社員研修などと重なると、手が回らない。多くの会社が4月5月の早期に採用や選考が重なるのではないか?

●学生の企業研究が浅くなる不安はあるが、学生生活全体の時間配分をみれば妥当だと感じるから。

[悪い]
●倫理憲章を遵守せず早期に選考を進める外資系企業が同業に多く、優秀な学生の獲得が難しくなると考えているため。

●時期だけ変えても根本的な改善になる気がしない。強制力がないため混乱は避けられない。

●期間が短くなると、説明会や試験の日程が重なりやすくなり、学生の選択肢が狭まる恐れがある。

●学業に専念できることで、学生の能力・質が上がるのなら賛成だが、果たしてその効果は出るのか。何とも言い難い。

●知名度がそれほど高くない当社にとって、広報期間の短縮は母集団形成に影響が出る可能性が高い。

[大変悪い]
●理系学生にとり、8月は研究実験のピーク時で多忙。一部の就活が順調な学生を除き、10/1の内定解禁日以降も活動を継続する学生が多く、越年するケースも出てくる。大いなる社会不安を発生させることになりそう。

●大企業がより有利になり、中堅・中小企業は苦戦するのではないかと考える。

●短期間で内定出しの必要があり、人材の見極めが難しくなる。

●広報活動が少なくなり、学生の応募数が減ることが予想されるため。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


2015卒向け はじめる前に知りたい!先輩たちの就活事情

いよいよ就職活動が始まる今、最初に気になるのが「先輩たちの就活事情」だろう。では、先輩たちはいつ就活を始め、どれほどの企業にエントリーをしたのだろうか。ダイヤモンド就活ナビが『ダイヤモンド就活ナビ2014』登録者を対象に行った「ダイヤモンド就活ナビ就活意識調査2014」の結果を紹介する。

「2015卒向け はじめる前に知りたい!先輩たちの就活事情」

⇒バックナンバー一覧