HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

禁煙が発症リスクに?
中高年の潰瘍性大腸炎

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第201回】

 潰瘍性大腸炎(UC)は、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる炎症性疾患。国によって難病指定されている。

 便がだんだん緩くなるのが初期症状で、重症化すると頻繁に血便や下痢、腹痛を起こし、発熱や体重減少が生じる。思春期~若年期の“難病”というイメージだが、発症のピークは思春期と中年期の二層性、というのが定説だ。

 福岡大学筑紫病院の高橋晴彦氏らの研究によると、日本では10~20代に発症のピークがあり、さらに40~44歳、50~60代にもう一山来ることが示された。また、2001年以降、50歳以上でUCを発症するケースが以前より約5倍も増加しているという。興味深いのは、50代の発症は一度もタバコを吸ったことがない「Never Smoker」より、喫煙者が禁煙した場合で発症数が多くなる点だ。健康を気遣った中高年期の禁煙が裏目にでるとは、何とも恨めしい。

 これまでにも「禁煙はUC発症のリスク因子である」「喫煙はUCの発症を抑制し、症状を軽くする」との報告があった。また、治療中のUC患者に対するニコチンの影響を検討した研究では、ニコチンパッチを貼付した患者で、腹痛や排便回数などの症状が軽くなり、腸粘膜の状態が改善するなど一定の効果が認められている。ただし、ニコチンの何が、どういうメカニズムでUCに効くのかは不明のままだ。

 一説では、喫煙者の腸内は非喫煙者に比べて免疫機構の一端を担う炎症性の生体物質が低下しており、その結果、炎症性疾患であるUCの症状が抑制されるらしい。実際、症状緩和の効果は認められるので、ニコチンパッチを自由診療として処方する医療機関もある──さすがに喫煙を勧められることはない。とはいえ、禁煙補助以外でニコチンパッチを長期使用した場合、発がん性など安全面での疑問は残る。中高年のUC患者を対象とした長期試験が必要だろう。

 ちなみに、UCと似た症状が現れる炎症性疾患のクローン病(やはり難病指定)は、喫煙が明確な発症・再発リスク因子。何がUCと異なるかは不明だが、こちらは確実に禁煙を勧められる。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧