ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

「民間もいいかな」の一言で不合格に!
“役人”気取りな公務員浪人生のトンデモ言動

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第11回】 2014年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世の中には「公務員」という仕事があります。公務員と聞いて、思い浮かべる事はなんでしょう。

 例えば、市役所や都庁・県庁で働いている方々や、警察官、消防員などでしょうか。あるいは「安定・転勤無し」といった事を想像される方も多いかもしれません。

 公務員と一口にいっても、国家と地方、本省(本庁)などで仕事の質や量は変わってきます。職種という言い方をしたら、それこそ教師や警察官、消防士、自衛隊などで勤務環境や待遇も異なります。

 本記事は、あくまで就職できない若者をテーマとしている為、公務員の詳細については触れません。ただ一言だけ言わせていただくならば、「公務員」という仕事は実に多岐に渡る職種で構成されているということです。もちろん公務員という仕事を否定している訳ではありません。

 今回はそんな公務員になろうと頑張りながらも、なかなか試験に合格しない公務員浪人生について書いていきたいと思います。

公務員試験に受かっていないのに
なぜか“お役人”気取り?

ケース1)「民間もいいかな」の一言が引き金に…

 大学在学時から公務員試験を受け続け、4度目の公務員試験も全て落ちてしまい民間企業への就職へと方向転換をしたAさん。この「民間もいいかな」というのは、企業採用担当者からの、いわゆる「志望動機」のような質問に対するAさんの回答でした。

 正確な回答はこうです。

 「これまでは地域の発展や、活性を促すために公務員を希望しておりました。ただ、本気でそれをやろうと思った時に公務員という職種でなくても、民間もいいかなと思いまして」

 面接終了後に、採用担当者が苦笑しながらボソリとつぶやいていました。

 「気分はお役人なのですかねぇ……」

 私見ですが、基本的に地域の発展や活性化に貢献したい、という気持ちに嘘は無かったと思います。ただ、あまりにも漠然とした志望動機な上に、基本的に公務員志望だったことがある種の“上から目線”を生み、採用担当者の懸念材料になってしまったのではないでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧