ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
出口治明の提言:日本の優先順位

就職活動は大学卒業後に、官民ともTOEFL採用
これが構造改革の第1歩ではないか

出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]
【第78回】 2013年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 新聞の紙面は、連日、アベノミクスやTPP関係の記事で埋め尽くされているが、公務員改革や大学改革についても、先日、キラリと光る原石のようなうれしい記事を見つけたので、それを展開させてみた。

国家公務員試験、司法試験、
公認会計士試験にTOEFLを一括導入せよ

 日経新聞(3月16日朝刊)によれば、人事院の原恒雄総裁は、15日に開かれた産業競争力会議の席上、2015年度をめどにキャリアと呼ばれる総合職を対象とした国家公務員試験に英語資格試験を導入することを表明した。これは、民間議員のTOEFL導入提言に応じたもので、英語で意思疎通ができる公務員を増やす狙いがある。グローバリゼーションが進む中、政府が英語力向上に向けた姿勢を率先して示すことで、民間企業の取り組みを促すことにもつながりそうだ。

 ところで、産業競争力会議の活用については前にも触れたが、15日の会合でも、わが国の産業構造を5年で集中改革するとして、労働の流動性(労働力移動)や人材力の強化等について中身のある提言を行っている。人材力の強化の一環として学生の力を底上げすることが重要だと指摘しており、公務員試験のTOEFL導入もこうした問題意識に裏打ちされたものである。

 経団連は、競争力会議を経済財政諮問会議のような法律に基づいた会議へ格上げすることを求めているか、経団連がこうした問題意識を真に共有しているのであれば、公務員試験のTOEFL(海外の団体がわが国の国家公務員の選定に影響を及ぼすことを考えれば、英語資格試験という用語の方が適切であるが、本文では分かりやすくTOEFLとしている)導入に呼応して、経団連傘下の全企業は採用面接時にTOEFLのスコア持参を義務付けると定めたらどうか。わが国の学生の英語力が一挙に向上すること請け合いである。政府にも更なる一考を望みたい。

 東京市場の問題点として、英語でビジネスができる法曹人口や会計士の層の薄さが常に指摘されている。公務員試験のTOEFL導入と併せて、司法試験と公認会計士試験にも一気呵成にTOEFLを導入してはどうか。TPP交渉の参加表明を皮切りに安倍首相は成長に向けて開国を決断した。国民の支持率も高い今こそ、開国の鍵を握るわが国の英語力の嵩上げに向けて、主な国家試験へのTOEFL導入を英断してほしい。それだけでも、安倍首相は歴史に名を残すことができるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]

1948年、三重県美杉村生まれ。上野高校、京都大学法学部を卒業。1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師などを務める。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年に生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更、同社代表取締役社長に就任。2013年6月24日より現職。主な著書に『百年たっても後悔しない仕事のやり方』『生命保険はだれのものか』『直球勝負の会社』(以上、ダイヤモンド社)、『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『「思考軸」をつくれ』(英治出版)、『ライフネット生命社長の常識破りの思考法』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

ライフネット生命HP

 


出口治明の提言:日本の優先順位

東日本大地震による被害は未曾有のものであり、日本はいま戦後最大の試練を迎えている。被災した人の生活、原発事故への対応、電力不足への対応……。これら社会全体としてやるべき課題は山積だ。この状況下で、いま何を優先すべきか。ライフネット生命の会長兼CEOであり、卓越した国際的視野と歴史観をもつ出口治明氏が、いま日本が抱える問題の本質とその解決策を語る。

「出口治明の提言:日本の優先順位」

⇒バックナンバー一覧