ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

波乱の人生を乗り越え未熟児の救世主に!
メトラン社長 トラン・ゴック・フック(新田一福)

週刊ダイヤモンド編集部
【第68回】 2009年4月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
メトラン社長 トラン・ゴック・フック(新田一福)
メトラン社長 トラン・ゴック・フック(新田一福)(撮影:和田佳久)

 メトランの社長、トラン・ゴック・フックが留学生として来日したのは1968年。祖国ベトナムが最も激しい戦火に見舞われた年だった。

 父は、いくつもの会社やホテルを経営する実業家。「どら息子で、将来のことはあまり考えていなかった」と笑う。とはいえ夢はあった。公害問題に悩む日本を見て、「故郷に帰ったら会社を興し、ヤシ油を原料にした環境負荷の小さい洗剤を作りたい」と考えていた。ゆえに化学を専攻し、卒業後はメーカーで研究を続けるつもりだった。

 ところが、卒業時はオイルショックの真っただ中。研修生を受け入れる余裕のある洗剤メーカーなどなくなってしまう。指導教官に相談し、紹介されたのは医療機器メーカーだった。なんの知識もなかったが、「おもしろそうだ」と飛び込んだ。

 配属は製造部門だった。「職人さんにいちばん嫌われるタイプ。家は裕福だし理屈はこねるし、“体で覚えろ”なんて言われても、こちらは早く技術を覚えて国に帰りたいと思っている。今振り返れば楽しかったが、当時はそれはもう大変だった」。続けられたのは、「どんどんぶつかって、言いたいことは言う」積極的な性格ゆえである。

 研修先の創業者は、「ベトナムに帰ったらゼロからなんでも作れるように」と、金属加工を修業させた。本人も熱中し、廃材を利用して設備を改良、パート職員に大人気となったりもした。このとき身につけた技術は、後に大いに役立つこととなる。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧