ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今さら聞けないネットセキュリティ
【第4回】 2008年2月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
伊藤 僑

メール同報送信CCとBCCの正しく安全な使い方

1
nextpage

 ある会社では取引先を招待した会合を開催する予定で「会合のお知らせ」文面を作成し、名簿とともに部下に送付作業を依頼した。

 ところが、しばらくするとその会合への招待者名簿がどこからか外部に漏れたらしく、妙な噂が聞かれるようになった。原因を究明していくと、名簿そのものが外部に持ち出されたのではなく、招待状をCC機能で同報送信したせいだと判明した。

同報送信の際の正しいCCの使い方

 この手のトラブルは意外に多い。

 同じ内容の電子メールを複数の人に送付したいとき、電子メールソフトのCC機能を利用している人が多い。CCとはCarbon Copyの略。新規メールの作成画面には、通常、To(宛先)やSubject(件名)とともにCC欄が設けられているので、使ったことがない人でも目にはしているはずだ。

 だが、CCの正しい使い方を知っている人は意外に少ない。ビジネスの現場でも、CC欄に多数のアドレスが羅列されたメールをよく目にする。

 では、CCの本来の使い方とはどういうものかというと……作成したメールの正規の送り先はAさんだが、Aさんが何らかの理由でメールを開けないことがあるといけないので、念のためにAさんの秘書であるBさんにも同報で送っておこう、というような場合に、宛先欄にはAさんのメールアドレスを、CC欄にはBさんのメールアドレスを記すというものだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



伊藤 僑

1958年生まれ。明治大学法学部法律学科卒。コンピュータ、ネットワーク関連の専門誌を中心に執筆活動を行う。


今さら聞けないネットセキュリティ

ウィルス、ネット詐欺、著作権侵害などなど、便利でありながら実は危険な落とし穴がいっぱいのインターネット。あなたをネット被害から身を守るノウハウを毎回レクチャー。

「今さら聞けないネットセキュリティ」

⇒バックナンバー一覧