ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

どうしたら改善のPDCAを
高速回転させる環境ができるか

グロースハッカーに学ぶ顧客獲得戦略

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第58回】 2014年7月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

新しいマーケティング
スペシャリストの登場

 ビッグデータを解析する「データサイエンティスト」(Datascientist)という職業と並び、シリコンバレーで脚光浴びているのが「グロースハッカー」(Growth Hacker)という職業です。

 彼らはマーケターとエンジニアの中間のポジションにあって、新しいウェブサービスやアプリなどの初期ユーザーを一気に拡大する役割を担うことから、「ユーザー獲得担当エンジニア」「新しいマーケティングのスペシャリスト」などと称されています。

 コンシューマ向けウェブサービスなどは、他のプロダクトに比べて開発期間が短く、参入障壁が低いケースが多いため、乗り換えのハードルも低く、より優れた同種のサービスが生まれればユーザーはすぐに競合へと鞍替えしてしまいます。

 広告を打ったりキャンペーンを実施して新規ユーザーを増やしたり、既存ユーザーをつなぎ止めるには時間もコストもかかります。そこで、サービスやプロダクトのリリース後、ユーザーの行動履歴などのデータを見ながら、最低限のコストと短いサイクルでユーザーの離脱防止と新規獲得を行うための仮説構築と検証を繰り返しながら、素早くサービスやプロダクトの改善を行うグロースハッカーが、存在感を増して来たというわけです。

 FacebookやTwitter、Quoraなどが急成長した背景には、グロースハッカーたちの優れた仕事があったといいます。2012年のアメリカの大統領選挙で、共和党のロムニー陣営がウェブでの寄付金獲得戦略に優秀なグロースハッカーを起用したこと、13年には、ライアン・ホリディ氏によって『グロースハッカー』が上梓されたことなどにより、ここ1~2年の間で、その名が次第に広く知られるようになりました。

 ホリディ氏は、「グロースハックとは、プロダクト自体を自己永続的マーケティングマシンにすること」と説明しています。

 実際にグロースハックを始める上でよく必要だといわれるのが、「Product-market-fit」(プロダクトマーケットフィット)とコンセプトと、「AARRR」(アー)という戦略のフレームです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧