ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断

アイゼンハワーのリーダーシップ

野中郁次郎 [一橋大学名誉教授]
【第7回】 2014年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回は、アイゼンハワーが「実践知リーダー」となるまでの成長過程を描いた。今回は、アイゼンハワーのリーダーシップの能力とはどのようなものだったのか、フロネシスの視点から眺めてみたい。前々回で触れたチャーチルのそれと、何が同じで何が異なるのか。合わせてお読みいただければと思う。

アイゼンハワーとチャーチル

前列中央がアイゼンハワー、その右がブラッドリー

 アイゼンハワーの決断とは、いったい何だったのだろう。彼は何をどう考えて、どのように決断したのだろうか。この問いは、なぜ彼が実践知リーダーの名に値するのか、という問いにつながっていく。今回は、「偉大な凡人」アイゼンハワーのリーダーシップについて考察してみたい。

 ピーター・ドラッカーはかつて、「カリスマ待望は政治的な集団自殺願望である」と述べた後で、このような指摘をしたことがある。

〈20世紀における建設的な成果は、カリスマ性とは縁のない人たちの手によるものだった。第二次世界大戦で連合軍を勝利に導いた軍人も、抜きんでて有能だがとび抜けて面白味のなかったアイゼンハワーとマーシャルだった〉

チャーチルの下院演説(1940年6月4日)
Winston Churchill“We shall fight on the beaches”
アイクの退任演説(1961年1月17日)
Eisenhower“Farewell Address”

 なんとも歯に衣着せぬ物言いだが、確かに、シェイクスピア劇の役者のように国民に語りかけたチャーチルのカリスマ(「ダンケルクの精神」を説いた下院演説[1940年6月4日 *1]に顕著に現れている)と比べれば、アイゼンハワーは正反対の存在だったかもしれない。彼のカリスマ性のなさは、軍産複合体(Military-Industrial Complex)への脅威を指摘したことで有名となった退任演説[1961年1月17日]を聞いてみると感じられるかもしれない。

 一言で言ってしまえば、アイゼンハワーは、「最も普通ではない状況に置かれた最も普通の人」だったのである。これは、映画「ノルマンディー 将軍アイゼンハワーの決断」でアイゼンハワー役を演じた俳優トム・セレックの言葉だ。

 戦争の勝敗を左右する要因の一つは、戦略を立て作戦を実行する政治家および軍人のリーダーシップである。国家の存亡と多くの人命に関わる危機的状況に置かれたリーダーシップの姿を見ることができるという点で、ノルマンディー上陸作戦はリーダーシップ研究の格好の素材であると私は思う。

*1 抄訳文は『史上最大の決断』57頁を参照。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野中郁次郎 [一橋大学名誉教授]

1935年東京生まれ。早稲田大学特命教授。58年早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機勤務を経て、カルフォルニア大学バークレー校経営大学院博士課程修了(Ph.D)。南山大学、防衛大学校、一橋大学、北陸先端科学技術大学院大学、一橋大学大学院国際企業戦略研究科で教鞭を執る。紫綬褒章、瑞宝中綬章受章。知識創造理論の提唱者であり、ナレッジ・マネジメントの世界的権威として、米経済紙による「最も影響力のあるビジネス思想家トップ20」でアジアから唯一選出された。さらに2013年11月には最も影響力のある経営思想家50人を選ぶThinkers50のLifetime Achievement Award(生涯業績賞、功労賞)を受賞。近年は企業経営にとどまらず、地域コミュニティから国家までさまざまな組織レベルでのリーダーシップや経営のあり方にも研究の場を広げている。主な著作に、『失敗の本質』(ダイヤモンド社)、『アメリカ海兵隊』(中央公論新社)、『知識創造企業』(東洋経済新報社)など。

Facebook「史上最大の決断」


野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断

『失敗の本質』から30年。経営学の世界的権威・野中郁次郎が、リーダーシップ研究の集大成の対象に選んだのは、「凡人たる非凡人」にして第2次大戦の活路を拓いた連合軍最高指揮官アイゼンハワー。「史上最大の作戦」で発揮された意思決定(Judgement)の本質を説く。

「野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断」

⇒バックナンバー一覧