ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?
【第15回】 2014年7月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
田中慎一 [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役],保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

中小企業でも
カンパニー制はうまく行く!
株式会社ラッキー商会社長・望月直樹氏(3)

1
nextpage

経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫るシリーズ5人目のゲストは、山梨県甲府市に本社を置くジュエリーのデザイン・製造・販売を行う株式会社ラッキー商会の社長、望月直樹氏です。
あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座』の著者、田中慎一氏が、「知る限りで最高のオーナー企業の経営者の1人」という望月氏の経営手法とマインドに迫ることで、中小企業経営の成功のヒントを抽出します。

リクルートのカンパニー制を自社に応用

田中 リクルート時代の経験を今の経営に活かしている部分はありますか?

望月直樹(もちづき・なおき) 株式会社ラッキー商会・代表取締役社長。 1975年生まれ。株式会社パソナを経て、株式会社リクルート・マーケティングソリューションDIVにて勤務したのち、2004年より現職。 早稲田大学大学院修了。趣味はゴルフ、トライアスロン。

望月 リクルートでは、カンパニー決算、つまり、部門ごとに数字をきっちり管理していました。当社でもリクルートにならってカンパニー制を採用しています。中国大連の工場、山梨の工場、営業3部門、ネット事業部、海外事業部、観光事業部という8つのカンパニーに分けて独立採算制を敷いています。

保田 小規模のカンパニーに責任を持たせるという手法も、在庫回転率の向上、そしてキャッシュフローの改善に貢献していますか?

望月 多いに寄与しています。工場は企画や営業に言われるがまま作るだけの受け身になりがちですが、カンパニーとしての工場になると、工場といえども利益を追わなければいけません。そうすると、工場も営業マインドを持ってくれます。工場カンパニーは、外部の製作を請け負う会社とも競争する形になっていて、結果として在庫回転率の改善に貢献しています。

保田 工場は独自に外部への販売も行っているんですか?

望月 工場は営業が受けないような仕事を独自によそから取ってきたりしています。たとえば、利益率が合わないから営業はやりたくないといった引き合いについて、中国の工場はやりたいというケースがあります。自分たちの人件費などが入ると採算が悪くなるから営業はやりたくない。でも、工場だけなら工賃さえもらえればやりますよ、といったケースです。

田中 でも、工場で働いている技術者の方が営業しているわけではありませんよね。

望月 私のところに入ってきた話を工場へ伝えて、「これ、やりますか?」と聴くわけです。ただ、もちろん営業部門と工場部門が共同で受注するといった形のほうが多いです。その場合、カンパニー上は工場と営業が利益を分け合う形にしています。

田中 カンパニー決算も月次ですよね?

望月 もちろん、毎月締めています。しかも、2年連続して赤字になった場合、カンパニー長を代えることにしています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

田中慎一(たなか・しんいち) [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役]

1972年生まれ。大学卒業後、監査法人太田昭和センチュリー(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券などを経て独立。監査法人で上場企業の会計監査、IPO支援やデューデリジェンス業務、証券会社の投資銀行部門ではM&A、事業再生、資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。現在は、財務戦略に関するコンサルティングサービスを提供するほか、ベンチャー企業・中小オーナー企業の社外役員を務める。著書に『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』『あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座 』(いずれもダイヤモンド社)などがある。趣味は料理とトライアスロン。

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?

会計やファイナンスに関する知識の重要性は多くの人が主張しており、ここで改めて言うまでもありません。しかし、社長やCEO、CFOになるまでの人は、実際にどのように会計やファイナンスを使っているのか、あるいは勉強をしてきたのかは意外と知られていないものです。この連載では一般社員がなかなか知ることのない、経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫ります。

「「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?」

⇒バックナンバー一覧