ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?
【第13回】 2014年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
田中慎一 [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役],保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

使命感で会社を継いでも成功しない
株式会社ラッキー商会社長・望月直樹氏(1)

1
nextpage

経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫るシリーズ5人目のゲストは、山梨県甲府市に本社を置くジュエリーのデザイン・製造・販売を行う株式会社ラッキー商会の社長、望月直樹氏です。
あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座』の著者、田中慎一氏が、「知る限りで最高のオーナー企業の経営者の1人」という望月氏の経営手法とマインドに迫ることで、中小企業経営の成功のヒントを抽出します。

会社を継ぐ条件は、父には完全に引退してもらうこと

田中 まず望月さんの会社を簡単にご紹介いただけますか。

望月直樹(もちづき・なおき) 株式会社ラッキー商会・代表取締役社長。 1975年生まれ。株式会社パソナを経て、株式会社リクルート・マーケティングソリューションDIVにて勤務したのち、2004年より現職。 早稲田大学大学院修了。趣味はゴルフ、トライアスロン。

望月 はい。私が経営している会社は、「ラッキー商会」というジュエリーのメーカーになります。創業してから今年で77年目を迎えています。基本的に百貨店やショッピングモールに出店している小売店さんに製品を卸しています。いまの年商が約25億円になります。

田中 ラッキー商会の社長として3代目になるとのことですが、お父様から会社を継がれるまでの経緯を簡単に教えてください。

望月 私は、大学卒業後、新卒でパソナに入り、その後、中途採用でリクルートに転職しました。私が28歳で結婚するとき、当時64歳だった父から急に「結婚はいいけど、会社を継がないか?」と打診されまして。そこで私が会社を継いでから今年で11年目になります。私が引継いだ当時は卸事業の売上が急激に下がっていました。時代の変化を受けて、業界内の倒産も相次いで起こっているという厳しい状況だったんです。

田中 そんなに厳しいタイミングで、あえて3代目の社長を引き受けたんですか?

望月 ピーク時の売上は38億円ありましたが、不渡りも多かったんですね。父も「このままじゃまずいな」と考えていたようです。一方、私は、リクルートでの仕事に満足していたので、非常に悩みました。特に、ワンマン社長でやってきた父に対して「本当に俺に譲る気があるのか」と半信半疑な気持ちがあったので、自分が引継ぐにあたっては、父には完全に引退してもらい、経営は自分の好きにやらせてもらう、という条件を付けました。

田中 実は、一夜にして社長が入れ替わるというのは、成功している事業承継に共通しているパターンですよ。

望月 ジュエリーのビジネスに関しては、実は父が一代目なんです。祖父が会社を創業したとき、もともとは判子の商売をやっていました。当社の本社がある山梨県では水晶が採れていたので、それを研磨するというジュエリー加工業が地場産業なんです。今では水晶が採れなくなりましたが、伝統の中で培ってきた水晶の研磨技術を現在でもジュエリーのビジネスに活かしています。ジュエリーの工場をつくったのも父の代になります。

田中 望月さんは5人兄弟の末っ子とのことですが、その末っ子を後継者に指名したお父様の意図を聞いたことはありますか?

望月 2人の兄がいて、長男は経営コンサルティングファームのパートナーだったんです。また、父は自分がやってきたことと違うことをしていかなければ会社の将来はないと考えていたみたいです。その点、兄は父とよく似ているんです。そして、次男は医者になりましたから、必然的に私にお鉢が回ってきたという感じです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

田中慎一(たなか・しんいち) [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役]

1972年生まれ。大学卒業後、監査法人太田昭和センチュリー(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券などを経て独立。監査法人で上場企業の会計監査、IPO支援やデューデリジェンス業務、証券会社の投資銀行部門ではM&A、事業再生、資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。現在は、財務戦略に関するコンサルティングサービスを提供するほか、ベンチャー企業・中小オーナー企業の社外役員を務める。著書に『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』『あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座 』(いずれもダイヤモンド社)などがある。趣味は料理とトライアスロン。

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?

会計やファイナンスに関する知識の重要性は多くの人が主張しており、ここで改めて言うまでもありません。しかし、社長やCEO、CFOになるまでの人は、実際にどのように会計やファイナンスを使っているのか、あるいは勉強をしてきたのかは意外と知られていないものです。この連載では一般社員がなかなか知ることのない、経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫ります。

「「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?」

⇒バックナンバー一覧