ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就活の都市伝説

実は3人に1人は卒業まで待ってもらえた!?
単位不足で内定取り消しの人、ならなかった人の明暗

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第9回】 2014年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「なんとか内定も取れたし、あとは卒業まで思いっきり遊ぼう!」

 そう思っている世の大学4年生はきっと少なくないことでしょう。しかしそろそろ多くの大学では前期試験の始まる季節。油断すれば、実に大変なことになりかねません。万が一単位を落とせば、単位不足によって大学が卒業できず、内定取り消しという恐ろしい事態が起きうるからです。

 多くの企業が募集しているのは、「○○年3月卒業見込み」の学生であり、卒業できることを見越して内定を出していることがほとんど。ですから、もし単位不足となれば、内定を取り消されて当たり前……と考えられますが、現実はどうなのでしょうか?

 今回は、単位不足になれば内定取り消しは避けられないか、それとも待ってもらえる可能性があるのか、その真実についてご紹介します。

単位不足で内定取り消しは64%
3人に1人は待ってもらえた?

OKWave総合研究所が「質問・疑問 に答えるQ&AサイトOKWave」上の「就職」カテゴリに寄せられた質問と回答を分析。同カテゴリの中から「単位」かつ「内定」にまつわるものを抽出したところ、17件のデータが得られました。

 全17件とデータは少ないですが、単位不足者の内定の行方について分析したところ、「取り消された」人が64%と過半数を超えました。しかし一方で、「待ってもらえた」という人が36%にも上っていました。3人に1人は待ってもらえたというのですから驚きです。

 さらに「取り消された」人の内訳をみていくと、自ら「辞退した」人が全体の17%、「取り消された」が35%である一方で、「取り消されたが翌年内定をもらった」という人が12%となっていました。「翌年内定…」もある意味「待ってもらえた」事例と考えれば、実質的に「待ってもらえた」人が48%と約半数に上ることがわかりました。会社の規模などにもよると思われますが、意外にも取り消されていない事例が少なくないのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


就活の都市伝説

年が明け、就職活動が本格始動したこの時期。学生のみなさんは、就活にまつわるウソかホントかわからないあやふやな情報やウワサに翻弄されている頃ではないでしょうか。この連載では、そんな代表的なウワサが真実がどうか、先輩の実体験、人事担当者たちの本音から探ります。

「就活の都市伝説」

⇒バックナンバー一覧