経営×ソーシャル
バリュークリエイターたちの戦略論
【第12回】 2014年7月28日
著者・コラム紹介 バックナンバー
荒木博行 [グロービス経営大学院 教授、株式会社グロービス ディレクター]

戦略論は必要か?
人はどうすれば、モチベーション高く動き出すのか

――祐ホームクリニック 武藤真祐氏(解説編)

高齢化が進む中、ニーズが高まる在宅医療。東京と宮城県石巻で在宅医療を手掛ける医師・武藤真祐氏。インタビューで飛び出した意外な言葉を手掛かりに、新しい価値を作り出すリーダーと戦略論について考える。一見、相矛盾する要素を兼ね備え、圧倒的な価値を生み出す“バリュークリエイター”の実像と戦略思考に迫る連載第4回解説編。

※この記事は、GLOBIS.JP掲載「戦略論は必要か? 解説編―武藤真祐氏(バリュークリエイターたちの戦略論)」の転載です。

エリート医師は、戦略コンサルタントを経てなぜ、激務の在宅医療を選んだのか?――祐ホームクリニック 武藤真祐氏(前編)を読む
「何のために働くのか」を毎日、実感できる職場が目指す夢とは? ――祐ホームクリニック 武藤真祐氏(後編)を読む

 「戦略論なんて必要なんですかね?」

 インタビューの最中、無邪気な笑顔を携えながらも、このような問いかけを投げかける武藤さんを前に、私は正直戸惑った。

 医師でありながらも、ビジネススクールに通い、マッキンゼーにおいてはコンサルタントとして企業の戦略立案や問題解決を実践されてきた。その経歴を踏まえると、今回のインタビューでは今取り組んでいる「高齢化社会における医療モデル」という高い志について、何らかの戦略的な分析の説明を期待することもあながち外れたことではないだろう。しかし、期待はある意味裏切られた格好になった。もちろん、武藤さんは「戦略は不要だ」というような極端なことが言いたかった訳ではない。戦略論は必要だが、それよりも大事なことがある、ということを伝えたかったのだけだと思う。

 しかし、それを理解しつつも、この問いかけはインタビューが終わった後の私の心の中に深く残っていた。実際に戦略論や戦略思考などを学んでも、全く日々の行動は変わらない人は少なからず存在する。むしろ戦略論なんて勉強するだけ却って動きが遅くなるのではないか、「小難しい理屈を考える前に動け」と言い切った方がためになるのではないか、という気持ちにすら稀になることもある。そういう教育現場にいるからこそ、この何気ない装いをした問いかけの意味は大きかった。

 我々には戦略論や戦略思考は果たして必要なのか?我々はなぜそういったことを学ぶのか?今回は、戦略論を語る前に、原点に立ち返り、そのような武藤さんからの素朴な問いかけにじっくり向き合うこととしたい。

荒木博行 [グロービス経営大学院 教授、株式会社グロービス ディレクター]

慶応義塾大学法学部卒業、スイスIMD BOTコース修了。住友商事株式会社を経て、グロービスに加わり、法人向けコンサルティング業務に従事。現在は、グロービス経営大学院及びグロービス・マネジメント・スクールにて企画・運営業務・研究等を行なう傍ら、グロービス経営大学院及び企業研修における戦略系、および思考系科目の教鞭を執る。著書に『ストーリーで学ぶ戦略思考入門――仕事にすぐ活かせる10のフレームワーク』、執筆ケースに「住友化学のオリセットネット事業」。

Twitter:http://twitter.com/#!/hiroyuki_araki
Facebook:http://www.facebook.com/?ref=home#!/hiroyuki.araki
Blog:http://haraki18.blogspot.jp/


バリュークリエイターたちの戦略論

孤高さすら感じさせるユニークネスと、多くの者の共感を呼び揺り動かすビジョン。一見、相矛盾する要素を兼ね備え、圧倒的な価値を生み出す“バリュークリエイター”の実像と戦略思考に迫る連載。

「バリュークリエイターたちの戦略論」

⇒バックナンバー一覧