ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【第一三共】
主力製品に迫る「パテントクリフ」
穴を埋める新薬で単独販売に挑戦

週刊ダイヤモンド編集部
【第172回】 2014年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

印ランバクシー・ラボラトリーズの事実上の売却を決め、損切りを断行した第一三共。「複眼経営」にみそが付き、先進国での新薬販売に浮沈が懸かる。 本誌・

 「今年は非常に重要な1年になる」。国内製薬大手、第一三共の幹部は危機感をにじませる。現在の主力製品のピークアウトが間近に迫る中、新たな大黒柱となる新薬へスムーズにバトンタッチできるか、つなぎ目の年となるからだ。

 「パテントクリフ」。莫大な利益をもたらしてきた主力製品が特許切れを迎えた際に、他の製薬会社が同じ有効成分のジェネリック医薬品(後発品)を投入してくるため、製品売り上げがまるで崖(クリフ)から転がり落ちるように下降することを指す業界用語だ。日本語で言えば「特許の崖」。研究開発型の製薬会社に付きまとう最大の懸念だ。

 例えば、製薬大手、エーザイでは2010~11年、主力製品だったアルツハイマー病治療薬「アリセプト」の特許が切れ、同製品の12年3月期の売り上げは、前年同期の2904億円から1471億円へと半減した。

 第一三共において、パテントクリフが近づく主力製品は、高血圧症治療薬「オルメサルタン」(国内製品名・オルメテック)だ。

 04年に発売されたこの大黒柱に、第一三共は14年3月期の連結売上高1兆1182億円のうち、26.8%(3002億円)と4分の1以上を頼っている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧