ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
真相――マイク・タイソン自伝
【第2回】 2014年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
マイク・タイソン

まさにリアル「あしたのジョー」!
タイソンとボクシングの運命的な出会い

1
nextpage

史上最強のヘビー級チャンピオンとも言われるマイク・タイソン。彼がその激動の人生を語った『真相──マイク・タイソン自伝』の邦訳版がついに発売! 本連載では彼にまつわる数々の伝説の“真相”を、同書から抜粋して紹介します。
第2回は、少年院に送致された彼がボクシングに興味を持ち、伝説のトレーナーと運命の出会いを果たす場面(まさに、リアル「あしたのジョー」!)をお送りします!

たび重なる悪行により、ついにタイソンは少年院送りとなる。しかしその中でもさらに問題を起こし、手に負えない悪ガキが集められるエルムウッドという懲罰小屋に収容されることになった。週末になるとエルムウッドにいる少年たちが外へ出て行き、皆身体中に傷を負って戻ってくる。タイソンは少年院の職員に殴られたのだろうと不安に思っていると、じつは彼らはスチュワートという教官にボクシングを習っていたのだった。タイソンはこうしてボクシングに興味を抱き始め、さらには人生の師と運命的な出会いを果たす。少年院でボクシングを知り、伝説のトレーナーと出会う──まさに『あしたのジョー』を地で行くような展開で、タイソンのボクサー人生が始まった。

ボクシングとの出会い

 ボビー・スチュワートは屈強なアイルランド系で、体重170ポンドくらいの元プロボクサーだった。全米アマチュア王者にもなったほどの腕前だ。懲罰房に入っているときに職員から、仲間にボクシングの元チャンピオンがいて、子どもたちにボクシングを教えているという話は聞いていた。あそこの職員は不思議なことに、みんな俺によくしてくれた。彼らの仲間というその元ボクサーも、もしかしたらアリみたいなすごい男なんじゃないかと思い、会ってみたくなった。

マイク・タイソン(Mike Tyson)
1966年生まれ。アメリカ合衆国の元プロボクサー。1986年にWBCヘビー級王座を獲得、史上最年少のヘビー級チャンピオンとなる。その後WBA、IBFのタイトルを得てヘビー級3団体統一チャンピオンとして君臨。しかし2003年に暴行罪によって有罪判決を受けるなど数々のトラブルを巻き起こし、ボクシング界から引退。アルコール・麻薬・セックス中毒のどん底状態から過去の自分を反省し、自己の人生を語るワンマンショーで成功を収め、新たな幸せと尊敬を得る。2011年、国際ボクシング殿堂入りを果たす。2013年に『真相:マイク・タイソン自伝』を上梓。(Photo:(c)Ken Regan/Camera 5)

 ある晩、自分の部屋にいたら、ドアにぎょっとするような大きなノックの音が響いた。ドアを開けると巨漢が立っていて、ボビー・スチュワートと名乗った。

 「おい、お前、俺と話がしたいんだって?」と、どら声で言う。

 「ボクサーになりたいんだ」と、俺は言った。

 「みんなそう言うんだよ。だが、本気でボクサーになろうなんて根性のあるやつは1人もいなかった」と、彼は言った。「お前が態度を改めて、周囲に敬意を払えるような男になったら、相手をしてやってもいいぞ」

 こうして、俺は本腰を入れ始めた。こと勉強にかけてはこの世でいちばん適性がないだろう俺が、模範的な優等生を目指したんだ。言葉づかいも「はい、わかりました」とか「いいえ、先生」と改めて、模範的な行動を心がけた。1ヵ月かかったが、ついにスチュワート教官に認めてもらえるだけの優等単位が取れた。なんとしても挑戦したかったんだ。ボビー・スチュワートを叩きのめせるという絶対の自信があった。そうすれば少年院じゅうの連中が俺に従うはずだ。

 収監されている少年たちが興味津々で集まってきた。これだ、この感覚だ。みんなの前でこの男を倒して、拍手喝采を浴びてやる。

 スチュワートと向き合うと、すぐに腕を振り回して連打した。教官はガードに徹した。打って、打って、打ちまくったがパンチがかする気配さえない。おかしいな、そう思った瞬間、彼は突然するりと俺のわきをすり抜け、胃袋に鋭いパンチをめり込ませた。

 「うっ。うえっ、おえーっ」過去2年間で食ったものをすべて吐き出したような感じだった。“いったいなんだ、この感覚は?”当時はボクシングのことを何も知らなかった。腹を殴られると人間はしばらく息ができなくなるが、それは一瞬のことだ。今はそれを知っているが、あのときは知らなかった。このまま息ができず、死んでしまうんじゃないかと本気で思った。呼吸困難に陥ったまま、ただ胃袋の中身を吐き出すことしかできなかった。身の毛のよだつ体験だったよ。

 「起きろ、終わりだ」ボビー・スチュワートがどら声で言った。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


1966年生まれ。アメリカ合衆国の元プロボクサー。

1986年にWBCヘビー級王座を獲得、史上最年少のヘビー級チャンピオンとなる。その後WBA、IBFのタイトルを得てヘビー級3団体統一チャンピオンとして君臨。しかし2003年に暴行罪によって有罪判決を受けるなど数々のトラブルを巻き起こし、ボクシング界から引退。アルコール・麻薬・セックス中毒のどん底状態から過去の自分を反省し、自己の人生を語るワンマンショーで成功を収め、新たな幸せと尊敬を得る。2011年、国際ボクシング殿堂入りを果たす。

真相――マイク・タイソン自伝

刊行直後から全米で大きな話題を呼んだ、史上最強かつ最凶の男マイク・タイソンによる『真相──マイク・タイソン自伝』。歴代最年少ヘビー級チャンピオンとなった男の破天荒な人生とは?
300億円の稼ぎ手から破産者、そして麻薬・アルコール・セックス中毒にまで落ちたタイソン。その彼がドン底から再生する姿を感動的に描いた自伝のハイライト部分を紹介していきます!

「真相――マイク・タイソン自伝」

⇒バックナンバー一覧