ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【東芝】
「私が投資家でも信用しない」
信頼回復へM&A大勝負を封印?

週刊ダイヤモンド編集部
【第173回】 2014年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米原子炉メーカーのウェスチングハウスなど、2000年代後半から数千億円規模の買収を複数仕掛けてきた東芝。しかし今、田中久雄社長は“大勝負”より優先することがある。

 「マセラティが欲しくても、お金がないのに買おうとしたら破産するだけ」

 仏重電大手アルストムのエネルギー事業をめぐる争奪戦が、2カ月にわたって繰り広げられた。その売却対象の中でも、東芝が世界展開を目指してきた送配電事業は、「東芝の成長戦略に大きな影響を与える」(東芝幹部)喉から手が出るほど欲しい出物だった。

 しかし、東芝は今回の争奪戦に参戦しなかった。田中久雄社長はその理由について、“垂ぜんの的”をイタリアの高級スポーツカーに例えて表現したのだ。

 田中社長は5月の経営方針説明会において、今後3年間で1.5兆円の投資をすると宣言している(図参照)。ただ、2013年度で営業利益の8割を稼ぎ出した半導体事業は、競争力維持のために巨額投資が必要で、3年間で6000億円を投資する予定だ。

 その残りとなる9000億円こそ、田中社長が今後3年間で使える資金というわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧