ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

支持率の急降下止まらぬ鳩山内閣
国民が望むのは「小沢幹事長の辞職」か?

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第19回】 2010年1月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 1月18日、通常国会が開会したが、それに臨む鳩山由紀夫内閣の支持率の急降下は止まらない。

 16、17日の朝日新聞の調査では、支持率42%、不支持率41%とほぼ並んでいるが、同時期の共同通信の調査では、支持率(41.5%)を不支持率(44.1%)がついに逆転した。下落の速度は麻生太郎内閣とそれほど違わない。

 注意しなければならないのは、麻生内閣と鳩山内閣の違いである。

「自分が選んだ内閣」への
ジレンマを抱える有権者たち

 麻生内閣は、総選挙によって有権者の信託を受けたわけではない。安倍晋三、福田康夫両内閣と同じように、“郵政選挙”の大勝を政権基盤としてきたから、有権者の側からすれば「自分で選んだ政権」という実感は乏しい。

 ところが、有権者は、総選挙で民主党が勝てば、鳩山内閣が成立することを承知していた。言わば、「自分が選んだ政権」「自分が選んだ首相」という気持ちが強いのだ。

 だから多くの有権者は、現内閣について「自分が選んだ責任」を感じてしまう。そうすると内閣を見限ることに慎重になり、ひたすら我慢をして好転することを期待する傾向がある。

 こんな事情を差し引いて考えると、内閣支持率の急落は、麻生内閣の場合よりももっと激しいのではないか。

内閣支持率の回復には
小沢氏の辞職と離党が望ましい

 不支持率の理由は重層的だ。①鳩山首相の失言と不決断、②鳩山首相と小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題、③重要公約(特に官僚改革)の不履行、④政治と経済が目指す方向のあいまいさ、などが指摘できる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧