ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

デジタルをふんだんに生かしたレストラン
トリニータで考える

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第20回】 2014年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
トラットリア・トリニータの「ノルウェーサーモンのハラス焼き」。グリルメニューが充実していて、ぜひオーダーしたい。お皿やシルバーにもこだわっていた Photo by Taro Matsumura

 IT投資について考える際、モバイル時代になると、一般消費者の方がエンタープライズよりも、テクノロジへーの対応のスピードが速い側面が目立つようになった。

 スマートフォンの所持や、主たるコンピューティング・ネット環境のパソコンからスマホへの移行など、金額の安さや生活必需品としての存在感も助けて、デバイスの移行速度に勢いがつく。「BYOD」(Bring Your Own Device、自前の機器の企業への持ち込みと活用)についても、消費者の移行速度の速さから過渡期的に起きたことだ。

 またクラウド活用についても同様かもしれない。GoogleのAndroidやAppleのiOSを使えば、バックアップや写真の共有、メールの読み書きなど、消費者が意識しているかどうかは別にして、自然とクラウドを使いながら日々を過ごすことになる。

 今回紹介するのは、スマートデバイスとクラウドをフル活用してレストランを作ったら、という話。普段使い慣れたデバイスで、レストランのオペレーションができるようになる世界を見せてくれるが、そこからの学びは何だろうか。

 筆者は先日、最新テクノロジーを活用した埼玉県新座市、志木駅近くにある「トラットリア・トリニータ」へ取材と称して食事をしにいった。そこには、テクノロジーを活用しているから物珍しい光景がある訳ではなく、料理とワインが楽しめるしゃれたレストランの姿があった。

モバイルとクラウドは、
スモールビジネスの味方

 米国で暮らしていると、モバイルやクラウドのビジネス向けサービスは、テクノロジーに大きく投資できる大企業よりも、むしろローカルやスモールビジネスでの活用シーンを見かけることが多い。

 例えばスマートフォンやタブレットのイヤフォンジャックに差し込むだけでクレジットカード決済が可能となるSquareは、個人商店や屋台などでのクレジットカード対応を爆発的に広げている。Squareの創業者のアイディアのきっかけも、ATMへ走らず小さなお店での購買ができるようにすることだった。同社のビジネス状況はよいとは言えないが、すでに「つぶれては困る会社」になっている。

 またレストランを含むローカルビジネス検索とレビューのアプリYelpは、新規オープンしたお店にとって新聞広告よりも重要なプロモーション手段となった。店の予約管理やアプリから予約を受け付けるOpenTableも、モバイルを生かした集客を統合したオペレーションを実現している。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

松村太郎[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

 


「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧