ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

ブラック企業認定?
「すき家」への不買運動の可能性

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第341回】 2014年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「すき家」の長時間労働問題で
白黒判定は限りなく「黒」?

 牛丼チェーン「すき家」の長時間労働等の問題で、同チェーンを運営するゼンショーホールディングスが設置した第三者委員会(久保利英明委員長)の調査報告書が発表された。

 世間には、「白黒をはっきりさせる」という表現があるが、いわゆる「ブラック企業」ではないかとの世評の高いすき家及びゼンショーホールディングスに関して、決着を付ける内容が期待された報告書だ。

 第三者委員会とはいえ、ゼンショーホールディングスが設置した委員会であり、報告書の記述は随分マイルドだという印象を筆者は持ったが、事実の収集、従業員・クルー向けのアンケートの実施、インタビューなどを基にまとめられた報告書には、過大な労働負荷が継続的・状態的にかけられていた事例がいくつも報告されており、全体の印象として少なくとも調査対象期間の「すき家」は、従業員を使い潰すことをいとわない「ブラック」な職場だと認定されたと見てよいと思う。

 過重労働問題に対する「まひ」が社内で蔓延し、劣悪な労働環境が常態化していたと報告書は結論し、経営層の意識改革や、経営体制の変革、1週間当たり一定時間を超える長時間労働を禁止するルールの設定などを、提言している。

 これを受けて、ゼンショーホールディングスの小川賢太郎会長兼社長は、7月31日の記者会見で「是正すべきことは是正する」と述べ、深夜の1人勤務の解消方針を述べたものの、店舗数の削減や自身の引責処分については否定的な見解を示した。

 これで十分と見るか否かは人によるだろう。不十分ではないか、あるいは十分であるか疑わしいと思われる方は、続きにお付き合いいただきたい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧