ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

今日の姿ではこれからの30年を生き延びられない

上田惇生
【第136回】 2009年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
ドラッカー名言集『変革の哲学』
ダイヤモンド社刊
1470円(税込)

 「確信をもって言えることは、企業、教育、医療その他いかなる分野においてであれ、今日リーダーの地位にある組織の多くが、これからの30年を生き延びられず、少なくとも今日の姿では生き延びられないということである」(ドラッカー名言集『変革の哲学』)

 ドラッカーはとんでもないことを言う。しかも確信をもって言う。

 しかし、続けて彼はこうも言う。この壮大な転換期において社会の安定を確実なものにするには、既存の組織が生き残り、繁栄してくれなければならない。

 そのための術を学ぶ必要があると言う。そのためには、あらゆる者が起業家として成功するための方法を学ばなければならない。

 知識が中心の社会になったというだけで、学習が一生続けるべきものとなった。そこへ起業家精神まで日常のものとしなければならなくなったのである。

 この数年、各地にドラッカーに学ぶ会が生まれているのも、このような問題意識が一般化したためであろう。

 ドラッカー逝去の8日後。96歳の誕生日となるはずだった11月19日、彼自身も楽しみにしていた全国レベルの勉強会ドラッカー学会が設立された。

 「今日無名の企業の多くが、今日行っているイノベーションによって明日リーダー的な地位を得る。逆に今日成功している企業の多くが、一世代前のイノベーションの成果を食いつぶしながら安逸を貪っている」(ドラッカー名言集『変革の哲学』)

 

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧