ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]
【第2回】 2014年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
池井戸 潤

半沢直樹シリーズ最新作!
池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]
【序章】ラストチャンス(第2回)

1
nextpage
半沢直樹シリーズ最新作『銀翼のイカロス』

上司である営業第二部長の内藤寛に呼び出された半沢直樹。業績不振の帝国航空を半沢に担当してほしいとのこと。本来であれば審査部で担当するのが妥当なはずだが、頭取の意向もあり、営業第二部で担当することになったが――。

 「物流部門のテコ入れを目指してるんだろう。帝国航空に出資して関係を強化すれば、空輸部門で”商事”の体制は盤石になる」
 たしかに、商事が帝国航空との関係を模索しているとの噂はあった。だが、実務担当である半沢たちが、その話を具体的に持ちかけられたことはない。もっとも、業務内容によっては時に競合相手となる商事のことだ。カネに絡むことだからといって、常に銀行に相談を持ちかけてくるわけでもない。
「商事が出資をするのは勝手ですが、ウチが出資候補先の帝国航空まで面倒を見る必然性があるんですか」
 疑問を呈した半沢に、内藤は、「必然性はないな」、とあっさり認めた。「ただ――諸般の事情がある」
 椅子の背から体を離したとき、内藤の表情はふいに引き締められていた。「まず、君も知っての通り、帝国航空の業績不振は著しい。今年八月に新たな再建計画を発表したばかりだが、実はすでに計画の達成が難しくなっている。それと関連することだが、短期間のうちに資金繰りが悪化する可能性もある」
「当行に支援要請は」

 「いまのところはない」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池井戸潤(いけいど・じゅん)

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。他の代表作に『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』や、この作品の前作となる半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』などがある。

 


半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]

半沢直樹シリーズ最新作『銀翼のイカロス』。 頭取命令により経営再建中の帝国航空を任された半沢が、500億円もの債権放棄を求める政府の再生タスクフォースと激突する。巨大権力相手に、史上最大の倍返しとなるか? 発売3日で発行部数が55万部に達した大人気エンタテインメント小説の、序章の一部を公開!

「半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]」

⇒バックナンバー一覧