ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
だから、全然うまくならない!日本人の英語学習5つの「非常識」
【第5回】 2014年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
竹内真生子 [エースネイティブ発音リスニングスピーチ研修所代表]

1回30秒のエクセサイズで「英語体質」をつくる

1
nextpage

 第1回から第4回にかけて、「すべての英語学習の基礎は『発音』にある」という話をしてきました。最終回では、『1年海外留学するよりも英語ができるようになる 完全独習英語発音トレーニング』の著者・竹内真生子さんに、「正しい発音」を身につけるためのポイントを紹介していただきます。

 英語の発音といえば、舌や唇の形を細かく覚えていくような「めんどくさい」イメージがありますが、実は、正しい発音を身につけるうえで大切なのは、体全体の「筋力」だそうです。海外留学経験のない大人でも、たった3ヵ月でびっくりするほど発音がよくなる、その秘訣はどこにあるのでしょうか?

日本人の発音が通じない本当の理由

 突然ですが、問題です。
 英語の発音がいい人は次のうちのどれでしょう。

 1‐耳のいい人
 2‐外国語を1ヵ月でマスターしてしまう人
 3‐英語圏で生まれた人
 4‐10代から英語圏に留学した人
 5‐バースデーケーキのろうそくを一回で吹き消せる人

 正解は5です。

 すでに書きましたが、英語の発音でたいせつなのは、耳でも、語学のセンスでも、海外経験でもありません。実は、一番たいせつなのは、息を吐く力、つまりおなかの筋力なのです。英語圏では、バースデーケーキにさしたろうそくの火を一度で吹き消せる子どもに、「この子は将来、いい英語を話すようになる」と言ったりするほどです。

 確かに、英語の音のなかには、日本語にない音がたくさんあります。ですが、日本人の発音がネイティブに通じない最大の原因は、音そのものよりも、息の強さにあります。英語のネイティブではないヨーロッパ系の人の英語が、強いなまりがあっても通じるのは、息を吐き出す力が強く、音がしっかり相手に届いているからです。

 また、おなかの筋肉に加えて、日本人は舌や顔の筋肉も不足しています。たとえば、日本語の発音では舌を力ませることがほとんどありません。そもそも、「舌を力ませてください」と言われたところで、いったいどういうふうにすればいいのかわからないのが普通でしょう。英語の発音では、舌に力を入れてスプーンのような形にしたり、相手に舌が見えるほど外に突きだしたり、日本語の何倍も筋肉を使います。口のまわりの筋肉も同様です。

 もうおわかりだと思いますが、英語の発音で一番たいせつなのは、「体の筋力」なのです。「おなか」「舌」「口」「顔」の筋肉を英語仕様にするだけで、あなたの英語の発音は、びっくりするほどネイティブに通じるようになります

 今回は、ほんの数十秒から1分でできるカンタンなエクセサイズを紹介します。ぜひ、「朝、起きたらやる」「夜、おふろのなかでやる」と決めて、毎日の習慣にしてください。それだけでも、体は徐々に英語仕様になっていきます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


竹内真生子[エースネイティブ発音リスニングスピーチ研修所代表]

エースネイティヴ発音・リスニング・スピーチ研修所(http://www.ace-schools.co.jp/)を主宰。10年をかけて独自に開発した英語発音矯正メソッドは、海外で活躍する医師、経営コンサルタント、政府職員など、エリート層から圧倒的支持を集め、受講者からは、たった3ヵ月の集中トレーニングで「ネイティブ並の発音が身につき、会話力も飛躍的にアップした」「会話がスムーズになり、クライアントから信頼されるようになった」「帰国子女より発音がよくなった」と高評価を得ている。慶應義塾大学工学部(現理工学部)卒。日本英語音声学会会員、日本音声学会会員。

 


だから、全然うまくならない!日本人の英語学習5つの「非常識」

「ネイティブの英語をシャワーのように浴び続ければ、英語がしゃべれるようになる」「海外留学すれば、英語がペラペラになる」「子供の頃から英語を習えば、ネイティブ並の発音になる」ちまたで信じられている英語学習にまつわる「常識」は、実はウソばかり。日本人の英語が上達しない根本原因は「発音」にあると気づき、10年をかけて独自の英語矯正メソッドを作り上げた今、注目の著者が、英語学習にまつわる「誤解」を暴く。

「だから、全然うまくならない!日本人の英語学習5つの「非常識」」

⇒バックナンバー一覧