ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業のエクイティ・ファイナンス
【第6回】 2014年8月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
磯崎哲也

中学生ベンチャーキャピタリストに
リアリティがある時代がやってきた
【特別対談】 『インベスターZ』三田紀房×『起業のエクイティ・ファイナンス』磯崎哲也

1
nextpage

北海道の私学「道塾学園」に入学した中学1年生、財前孝史は伝統ある投資部の一員に。いきなり100億円の運用を任され、試行錯誤し考えを巡らせながら、投資家として急成長。彼が新たに目を付けたのは、ベンチャー企業だった――。投資×中学生という奇抜な取り合わせが反響を呼んでいる人気マンガ『インベスターZ』(週刊モーニング連載中)。その著者、三田紀房氏が、ベンチャーキャピタリストの磯崎哲也氏に日本のベンチャーの実際と未来を聞いた。

ベンチャーに必須の要素とは?

磯崎 『インベスターZ』、いつも面白く読ませていただいていますが、根幹となる「中学生投資家」というのが、いい設定ですよね。でも、主人公の財前君がベンチャー投資をやると言い出したときは、正直びっくりしました。

 既存のベンチャーキャピタリストはほぼ全員「中学生にベンチャー投資なんてできるわけがない!」と言うでしょうし、私も、「上場株投資はまだしも、さすがにベンチャーは無理だろ」と思ってしまったのですが、ちょっと考えた後に、それ自体が固定観念だったと反省しました。

 そもそも、いままで誰もやっていないことをやるのがベンチャー企業。そして、誰もが「こんなの無理だろう」と言いそうなことを実現させるベンチャー企業をうまく見極めるのが、ベンチャーキャピタルの仕事です。

 ですから、ベンチャー企業にしろベンチャーキャピタルにしろ、「こうすれば成功する」というモデルなどあるわけもないし、新しいチャンスを見つけ出す切り口は、ベンチャーキャピタリストごとにまったく異なっています。

 なので、「先入観に捉われていない中学生の財前君であればこそ、新しいベンチャーを発見する切り口もあるかもしれないぞ」と考えるべきでした。

三田 そうですね。財前は中学生なのにどこかカリスマ性と天才性も持っていますから、彼ならではのベンチャーへの投資ができるかもしれない。漫画のキャラクターには、どこか突き抜けたところや天才性がないと、読者がワクワクしてくれないんですよ。ただ、描いていて難しいと思うのは、漫画の読者は投資のプロではないので、そもそもベンチャーとは何か、ベンチャーに投資するとどういうことが起こるのか。そういうところから描いていかないといけないところです。そのあたり、磯崎さんでしたらどう説明しますか?

磯崎 ベンチャーのイメージを一般の人に説明するのは、すごく難しいんです。そこをあえて一言で説明すると、「イノベーションを起こすのがベンチャーだ」ということになるでしょうね。夫婦でコンビニエンスストアや喫茶店を始めるのは、立派な「起業」ではありますけれど、イノベーションを起こしているとはいえませんから、あまりベンチャーとは呼びません。イノベーションとは、これまでになかったこと、誰もやっていなかったことをやることですから、そもそも、ほとんどの人には理解してもらえないものなんです。

 投資する側にとっても、リスクは非常に高い。会社がうまくいかなくて、投資した金額がゼロになってしまうこともありますし、投資した会社が数千億円の企業価値になって、資金が数百倍になって返ってくることもあります。

 このため、「ベンチャー」と呼ばれるものの中には、スゴいものと怪しいものが混在しています。ですから、ベンチャー経営で最も重要なことの1つは、「いかに信用を得るか」ということになります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


磯崎哲也(いそざき・てつや) 

1984年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
長銀総合研究所で、経営戦略・新規事業・システム等の経営コンサルタント、インターネット産業のアナリストとして勤務した後、1998年ベンチャービジネスの世界に入り、カブドットコム証券株式会社社外取締役、株式会社ミクシィ社外監査役、中央大学法科大学院兼任講師等を歴任。
公認会計士、税理士、システム監査技術者。現在、Femto Growth Capital LLP ゼネラルパートナー。
著書に『起業のファイナンス』(日本実業出版社)があるほか、ビジネスやファイナンスを中心とする人気ブログ及びメルマガ「isologue」を執筆。


起業のエクイティ・ファイナンス

2010年に発売されるや、ベンチャー関係者のバイブルとなり、起業ブームを支える一助となった『起業のファイナンス』。その著者・磯崎哲也氏により、新たな決定版と言える『起業のエクイティ・ファイナンス』が上梓された。同書の発売にあわせ、磯崎氏とベンチャー界の識者との対談をお送りするほか、優先株式や投資契約など、最近の起業に欠かせなくなったエクイティ・ファイナンスのポイントをわかりやすく解説する。

「起業のエクイティ・ファイナンス」

⇒バックナンバー一覧