ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「引きこもり」するオトナたち

“60万円払って無給労働”が国の就労支援?
ブラックすぎるサポステの信じられない実態

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第210回】 2014年8月21日
1
nextpage

 働くことに悩みを抱えた当事者を新たに傷つける“ブラックサポステ”の実態について、『AERA』の今週号に執筆した。

 サポステとは、厚生労働省の支援事業である「地域若者サポートステーション」(愛称・サポステ)のことだ。

 「事業を受託している支援者のやり方に合わないと、支援してもらえない」

 そう訴えて筆者の元にメールをくれたのは、20代女性のAさん。

 「社会に出て働きたいのに、私の意向はまったく聞いてもらえず、上から目線で詰問される。まるで就職という道を外れると、個人に問題があるかのように『君たちのために支援してあげてるんだよ』という感じが、何とも気持ち悪いんです」

 話を聞いてみると、サポステ側の支援と当事者の思いとのミスマッチぶりが浮かび上がった。

 元々、サポステ事業についてのミスマッチぶりは、他の当事者たちからも聞いていた。

 筆者は、サポステ的な事業について、引きこもる当事者が最初に外に出ていく先の「居場所的な機能」としての役割があると思っている。

 しかし、とくにAさんが体験したというサポステの実態には、違和感を覚えた。

「対人恐怖症でひきこもり傾向」
サポステで“強要”された人間性

 Aさんは、大学卒業後に入社した会社でセクハラやパワハラを受け、恐怖で緊張して言葉を発することができなくなり、退職。ハローワークでも、窓口の相談員から「早く決めなきゃ、空白期間が付いちゃうよ」などと、まるで自分が悪いかのように責められた。

 そんなとき、「働くって、何だろう?」と思いながらネットで見つけたのが、サポステ事業だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧