ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
フリーエージェント社会を生きるヒント
【第1回】 2014年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダニエル・ピンク

「組織か、個人か」という不毛な二分法から脱し
「組織も、個人も」総取りするFAの時代だ
執筆:東京大学社会科学研究所 玄田有史教授

1
nextpage

ダイヤモンド社では、2002年に初版が出た『フリーエージェント社会の到来』(ダニエル・ピンク著)新装版を8/29に刊行しました。組織から独立して、インターネットを駆使しつつプロジェクト型で働く「フリーエージェント」は、アメリカで同書が刊行された2001年当時、すでに全労働人口の4人に1人を占め、彼らの存在感は社会のあり方にも影響を及ぼし始めていました。日本でも、そこまでとはいかないまでも、同様の働き方が着実に広がりつつあります。本連載では、フリーとして働くためのヒントが詰まった同書から、そのエッセンスを紹介していきます。初回は、東京大学社会科学研究所教授の玄田有史さんによる序文から一部を抜粋してお届けします。

 組織か、個人か――。
 組織を重視すべきか、それとも個人を重視すべきか、という二者択一の発想が、いまだに日本社会を覆っている。

 ビジネスでも、スポーツでも、これまで日本の強みとは、すぐれた「組織の力」だといわれてきた。一人ひとりは傑出した才能を持っているわけでもなく、体格面で欧米に劣っていたとしても、一致結束した組織の団結力さえあれば、難局はきっと乗り越えられる。それが日本社会の信念であり、美学であった。

 だが、そんな組織頼みの考え方は、すでに限界を迎えているのかもしれない。インターネット・ビジネスの変革は、スティーヴ・ジョブスのような突出した才能の個人がいなければ起こらなかった。2014年にサッカー・ワールドカップで優勝したドイツも、善戦したチリやコロンビアも、最後にモノをいうのは、個人の意志と技と体力である。どんなにチームで良いサッカーをしても、最後にゴールを仕留めるのは、結局のところ、個人の力だ。

 一方、日本社会では突出した個人が生まれにくい、とも考えられてきた。生まれ出ようとしても、出る杭は打たれるがごとく、個性的な才能は得てして認められなかったり、ときには煙たがられ、つぶされてしまうことすらある。日本で個性は育たない。その結果「だから日本は駄目だ」ということになる。

 そうなると、今度は「個人の力」を伸ばしていかなければならないという意見が必ず強まっていく。会社内でも、組織にどれだけ貢献したかという曖昧な評価よりも、個人としての具体的な成果を評価すべきという考えに重きが置かれるようになる。1990年代以降、会社人事の主流となった、年功主義から成果主義という流れも、その変化と軌を一にする。

 しかし、個人を重視する傾向が強まれば強まるほど、今度は一人ひとりがバラバラになってしまい、チームとしてのまとまりが失われていくことが懸念されるようになる。個人としても、組織で取り組んできたときのような一体感が保てなくなり、仲間意識も消えていく。最後に待っているのは、孤立した状態に陥った個人ばかりが増える現実だ。そして今度もまた「やはり日本は駄目なんだ」となっていく。

 そろそろ、私たちは、組織か、個人か、という不毛な二分法から抜け出さなければならない。大事なのは、組織も、個人も、である。しかし、そこから抜け出すための新しい発想や向かうべき確かな方向性が見いだせないまま、日本社会は迷走を続けてきた。

 そんな二者択一を軽々と飛び越えてしまう存在。組織をうまく活用しつつ、同時に個人としての自由や成功を謳歌する。それがダニエル・ピンク著『フリーエージェント社会の到来』で示されるフリーエージェントの姿だ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  起業家
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ダニエル・ピンク(Daniel H. Pink)

1964年生まれ。ノースウェスタン大学卒業、イェール大学ロースクール修了。米上院議員の経済政策担当補佐官を務めた後、クリントン政権下でロバート・ライシュ労働長官の補佐官兼スピーチライター、1995年〜97年はゴア副大統領の首席スピーチライター。フリーエージェント宣言後は様々なメディアに、ビジネス・経済・社会・テクノロジーに関する記事や論文を執筆。本書をはじめ、『ハイ・コンセプト』(三笠書房)、『モチベーション3.0』、『人を動かす、新たな3原則』(以上、講談社)などの著書は34カ国語に翻訳され、世界中で200万部以上を売り上げている。2013年、世界のトップ思想家を選ぶ「Thinkers50」13位。妻と子ども3人とともにワシントンD.C.在住。


フリーエージェント社会を生きるヒント

高度成長期の「大企業で定年まで働く」スタイルは崩れ、いまや組織から独立し、インターネットを駆使しつつ自分の知恵を活かしてプロジェクト型で働く「フリーエージェント」がますます増えています。アメリカでは2002年時点ですでにフリーエージェントが労働人口の4人に1人を占めていたというほど、日本ではまだ多くありませんが、組織で働きながら、あるいは学生のうちから、フリーエージェントとして働く準備を進めてみませんか。そのためのヒントを、ダニエル・ピンク著『フリーエージェント社会の到来』からご紹介していきます。

「フリーエージェント社会を生きるヒント」

⇒バックナンバー一覧