ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

くだらないけどおもしろい「アイスバケツチャレンジ」が教えてくれた、国民的チャリティ番組『24時間テレビ』に決定的に足りないもの

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第119回】 2014年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 この夏、世界的な大ブームとなった「アイスバケツチャレンジ」。筋萎縮性側索硬化症 (ALS) という難病の認知度を高め、寄付を集めるためのアクションで、SNSなどで知人などから指名された人はバケツ一杯の氷水を頭からかぶるか、寄付をするというルール(両方を行なうことも可)。多くの人が氷水をかぶり、その模様を撮影した動画をYouTubeなどにアップ、公開した。Facebookの自分のタイムラインが氷水だらけになった読者も多いことだろう。

 これだけ大きな話題となれば当然、批判も出てくる。ネット上でも賛否両論の議論が繰り広げられ、雑誌などマスメディアでも批判記事などが出てきた。このアクションに対して、僕は基本的に賛成の立場だ。その理由については後述するが、その前に読者に伝えたいのは、ソーシャルアクションにおける「頭の悪さ」の効用についてだ。

くだらないけど、おもしろい。
「頭の悪さ」が人を惹きつける

 アイスバケツチャレンジが流行った理由はいろいろあるが、とにかくその単純な「バカバカしさ」がもっとも大きな要因だろう。真夏の炎天下に氷水を頭からかぶる。ビル・ゲイツやFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ、レディ・ガガなど、日本ではトヨタの豊田章男社長やソフトバンクの孫正義氏、AKB48プロデューサーの秋元康や浜崎あゆみなど、経済界や芸能界の大物たちが氷水をかぶりびしょ濡れになる。そのバカバカしさと言うか、頭の悪さがまさにバカ受けしたわけだが、この場合の「頭の悪さ」というのは、もちろん褒め言葉だ。

 実際、テレビのバラエティ業界では、「頭が悪い」というフレーズを褒め言葉として使う人たちがいる。天才ディレクター時代のテリー伊藤氏も、番組の企画会議などで優れたアイデアが出てきたときなど「頭、悪いね~(笑)」と言って喜んでいた。

 ちなみに、褒め言葉として「くだらない」という言葉を使う業界人もいる。以前、僕がストリート系ファッション誌のプロデュースをしていた頃、若い男子がピアスをすることが流行りかけた。90年代前半の頃で、まだまだ男子がピアスすることが珍しい時代だった。そこで、編集チーフに「男のピアス特集をやろう」と提案したら、そのチーフは一瞬、虚をつかれたように黙り込み、そして破顔で「くだらね~(笑)」と発言した。「その企画、最高っス」という意味だ。

 当時は男子がピアスすることはかなり珍しいことで、そうした男子を集めて特集をやるのは、かなりくだらなくて頭の悪い企画だったのだ。モデルをやっているような男子でもピアスしている人間はまだ少なく、まだ耳に穴を空けていない男子モデルを原宿のピアス店に連れて行って「初めてのピアス」を体験してもらうという企画もやった。おかげさまでその企画は大好評で、読者人気ランキング2位を獲得したこともある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧