ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

欧米の白物家電市場に“姿”なし
韓国勢の後塵拝す日系メーカー

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2014年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 EUは省エネルギーの観点から、1600ワットを超す強力なモーターを搭載した掃除機の販売を9月1日から禁止する。

ドイツの大型販売店にあった独ボッシュ製掃除機。消費電力が2000Wで9月から販売禁止になるため、セール品になったようだ
Photo by Izuru Kato

 その結果、欧州の家電量販店などで売れ筋だった掃除機の多くが姿を消すことになる。英「デイリーメール」紙(8月23日)は、「ブリュッセルの官僚どもは余計なことをする」という反EU感情を込めながら、販売禁止前に買うべき掃除機ベスト10を掲載していた。

 10機種のうち、独ボッシュや米フーバーなど欧米系が9機種、韓国系が1機種だった。日系の機種はそこに入っていない。掃除機に限らず、例えば英ロンドン、仏パリ、独フランクフルトの家電量販店をのぞくと、冷蔵庫、洗濯機などでも日系は存在感が全般に弱い。

 米国の白物家電市場も見てみよう。「コンシューマー・レポート」誌8月号は、洗濯機と乾燥機の“格付け”を掲載していた。推奨の洗濯機40台のうち、米系が21台、韓国系が19台だ。乾燥機は20台のうち、米系9台、韓国系11台。日系の機種はそのどちらにも姿がなかった。

 米国では韓国勢のブランド力が強い。同誌の読者投票による信頼性ランキングにもそれが現れている。正面から出し入れするフロントローダー(ドラム)式洗濯機は、1位LG電子、2位サムスン電子。乾燥機では電気式が1位LG、ガス式は1位LG、2位サムスンだ。ここにも日系の機種は登場しない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧