ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人を動かす 説得コミュニケーションの原則
【第9回】 2009年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

「断り上手」は「説得上手」

1
nextpage

説得される側の3つの態度

 人から説得された場合、とりうる態度は次の3つに大別される。

 ①応ずる
 ②保留する
 ③断る

 説得の内容、提示された条件、こちらの事情などを考えた上で、どうするかを決める。

 その結果、①と決めた場合。気持ちよく応ずるのが一番。
 
 YESと言っておいて、
 「本当はNOと言いたいところだけど、他ならぬキミの言うことだから、今回に限ってなんとかしよう」

 相手は表面上、恩に着たように装うかも知れないが、内心では、〈もったいつけちゃって〉と、いい気持ちはしない。駆け引きに使うやり方もあるが、大抵の相手は見抜いてしまう。

 「わかった、なんとかしよう」

 気持ちよく応じれば、相手から、「ありがとう、恩に着るよ」という言葉が返ってこよう。

 ②は、「ちょっと考えさせてくれないか」と、返事を保留して、時間を稼ぐやり方。

 自分で決められない場合、この方法をとるのはやむをえない。問題は自分に決定権があり、内心YESなのに、返事を保留して、
 「どうするかなア」
 「スケジュールも詰まっているし」
 「他にだれかいるんじゃないかな」
などと、説得者を牽制する態度である。

 理由の1つは、ごねてみせて有利な条件を引き出そうとの魂胆。もう一つは、もったいをつけている場合。一見、賢そうだが、ずるさが潜んでいて、警戒される。

 ③は、「断ったほうがよいと判断したら、はっきり断る」態度である。

 断ると一度決めたのに、相手の顔を見ると決心がゆらぐ人がいる。

次のページ>> NOはこう言えばよい
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


福田 健 [C.N.S(株)話し方研究所会長]

1983年株式会社話し研究所を設立。2004年に会長に就任。「コミュニケーション」を軸にした講座、講演を企業、官公庁を中心に行い、話し方研究所でもセミナーを開催。主な著書に、『人を動かす会話術』『上手な「聞き方・話し方」の技術』などがある。


人を動かす 説得コミュニケーションの原則

説得術のマスターするために「テクニック」や「スキル」に飛びついても、基本となる原理・原則を踏まえなければ役には立たない。本当の説得力を身につけるために必要な「人の心を動かすコツ」を解説。

「人を動かす 説得コミュニケーションの原則」

⇒バックナンバー一覧