ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く女子の職場サバイバル術 小出真由美

なぜ女性は管理職になりたがらないか
“ふつうの女子”が出世を他人事にしか思えないワケ

小出真由美 [日本マンパワー 人材開発企画部 研究開発グループ 専門課長]
【第3回】 2014年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 突然ですが、「管理職になりませんか?」と言われたら、あなたは引き受けますか?

 労働人口の減少を補うのみならず、ビジネスの現場に女性の新しい視点やアイディアなども取り入れ、社会を活性化したい――。そんな意向を背景に、現在、国は女性活躍推進に力を入れています。さらにそれを受けて、「女性管理職比率何パーセント」という数値目標を掲げ、女性管理職比率を高める取り組みを始めている企業が増えています。

 平成25年度雇用均等基本調査によると、女性の管理職への登用を促進するために何らかの取り組みを行っている企業の割合は38.2%で約4割にも上り、その内容をみると、「候補者の把握と計画的な育成」が最も多くなっています(※下記データ)。このような動きがある中、今後は多くの女性が、管理職候補にならざるをえないでしょう。

参照:平成25年度雇用均等基本調査(厚生労働省)
拡大画像表示

 しかし、当の女性たちはどうでしょうか?

 今まで、補助的な仕事を中心に働いてきた女性が、活躍推進というブームのような流れにより、突然「管理職に挑戦してください」と言われても、戸惑ったり、もしくは他人事に感じられることが多いのではないでしょうか。

 実際、周りを見渡してみても、女性管理職といえば、「ああ、あの人なら」と誰もが納得するようなズバ抜けて優秀な人か、男性顔負けにバリバリと仕事をこなす人、そんないかにもといった人しか、いない……。「自分はそういう人とはぜんぜん違うし、なりたいとも思わない」という女性の声をよく聞きます。

 これには、2つの声が隠されていると思います。まず1つは、自分は管理職の器ではないという適性の問題です。そして、もう1つは、そもそもなりたいと思っていないという、意識の問題です。多くの女性が、この2つの理由から管理職になりたくない、なれないと思い、管理職を、自分とは全く関係ないものと捉え、真剣に考えてられていないのが現状ではないでしょうか。

 しかし、これから女性管理職をもっと増やしていくためには、従来のズバ抜けて優秀な人や、バリバリ仕事をするようなタイプだけではなく、もっと様々なタイプの女性管理職が出てくる必要があります。

 そして女性自身には、管理職に対する悪いイメージを払拭してもらい、管理職になることが自身にどのようなメリットがあるのかを考えてもらうことも、重要になります。

 そこで今回は、“ふつうの女性”にも「もし、自分が女性管理職になったら」ということを、自分ごととして捉えてもらうために、管理職になるメリット・デメリットをお伝えしていきたいと思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小出真由美[日本マンパワー 人材開発企画部 研究開発グループ 専門課長]

株式会社日本マンパワーで、女性向けのキャリア研修として、女性がライフイベントをポジティブに捉え、自分の軸を持つことで、働く上でのキャリアをどう描くか等をテーマにした研修を開発。その傍ら、産業カウンセラー、キャリア・デベロップメント・アドバイザー、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種マスターコース、ワーク・ライフ・バランスコンサルタントなどの資格を持ち、組織内のキャリア、メンタルヘルス、ワーク・ライフ・バランスの施策のコンサルティングや、各種セミナー講師も行っている。
日本マンパワーHP

 


働く女子の職場サバイバル術 小出真由美

「管理職になりたがらない」「結婚や出産すると仕事へのやる気がなくなる」……こういった先入観を持たれがちな女性社員たち。もちろん全員がそうではないけれど、その偏見から男性上司などとぶつかる機会や、同性同士でも既婚と独身で考え方のズレが生まれることもあります。安倍政権が女性の活躍推進を打ち出し、ますます働く女性の登用が進むなか、働くふつうの女性たちはどう職場で生き抜けば、働きがいや給与を得られるのでしょうか? そのサバイバル職場術を様々なシチュエーションから考えます。

「働く女子の職場サバイバル術 小出真由美」

⇒バックナンバー一覧