ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

クリスマス商戦にも「社会貢献」の波。
「チャリティ・ギフト」が不況の百貨店を救う?!

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第9回】 2009年11月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 X'masがやって来る。一昔前に比べれば、最近のX'masは随分と地味になってしまったが、それでもやはりこの季節になれば華やいだ気分になってくる。そして、多くの人が、子どもや恋人などの大切な人に何をプレゼントしようか、悩む時期でもある。もちろん、そんな悩みが幸せだったりもする。 

「プレゼントの経済学」
「プレゼントの経済学」(プレジデント社刊)

 しかし、人はなぜ、プレゼントするのだろう? プレゼントについて考えることは、消費と社会貢献の関係性を探るということではないか? ちょうどX'masのシーズンだし、そんなことを考えていると、一足早いX'masプレゼントが届けられた。「プレゼントの経済学」という本である。

 これは、アメリカの経済学者ジョエル・ウォルドフォーゲル氏が書いた本で、多くの人がいかに「欲しくもないもの」「もらってもうれしくないもの」をプレゼントされており、その結果としてどれほど大きな経済的破壊が行なわれているか、について述べられた本だ。

世界全体のX'mas消費は20兆円。
その10分の1が無駄な消費!?

 読者の皆さんにも「気持ちはうれしいけど、あんまり欲しくないモノ」をプレゼントされた経験がおありだろう。たとえば、北国に住む元カノが寒さをこらえて編んだセーターがX'masに届けられたとして、それで喜ぶ男性はほとんどいないだろう。また、幼い子どもというのは親やおばあちゃんに対して、けっこう多くのプレゼントをくれたりするものだが、しかし、そのほとんどはガラクタだ。プレゼントしようという、その気持ちはうれしいが、実用性はゼロ。筆者が娘からもらったプレゼントで最も実用的だったモノは、工作の時間に作った「青竹踏み」だったが、それでも3回くらいしか使わなかった。

 娘から母親へ、こんなプレゼントもあった。小学校からの帰宅途中の娘がスーパーで「ママが大好きなモノ」を発見した。値段は100円。これなら自分のお小遣いで買える。興奮した娘は、その「ママが喜ぶに違いないモノ」を買い求め、自宅に飛んで帰り、息せき切ってママにプレゼントを渡した。それは「ヴィトン風のデザインの小銭入れ」だった。幼い娘には、それはママが大好きなルイ・ヴィトンの財布に見えたのだが、実際には100円という値段相応の、コピー品ですらない代物だった。

 この小銭入れは、家族の幸福な思い出としていまだに捨てずに保管している。しかし、実用性はゼロだ。100円で買ったものが「実質的な価値」はゼロだったので、そこで100円の「価値の破壊」が行なわれたことになる。

 ウォルドフォーゲル氏は経済学者らしく、このような「プレゼントが引き起こす価値の破壊」の実態を、各種の統計と調査結果から明らかにしていく。その数字は驚異的だ。なにしろ、世界全体でX'masに人々が使うお金は約20兆円。そのうち、約2兆5000億円分の価値が破壊されているという。アメリカ人だけでもX'masプレゼントに660億ドル使い、120億ドル分の価値が破壊されているという。日本円でおよそ1兆円分の損失だ。しかも、多くのアメリカ人は、プレゼント購入代金をクレジットカードで払っている。まさに「借金してでも無駄なプレゼント!!」状態なのである。

 その他、同書では、プレゼントという「無駄」を通して、世界でどれほど多くの経済損失を生んでいるかを明らかにしていくが、もちろん、プレゼントが持つ情緒的なメリットを否定しているワケではない。ただ、ほとんどのプレゼントが無駄な消費を生んでいるのだから、もう少し、社会に役立つプレゼント消費を考えようと提唱している。そこで登場するのが「チャリティ・ギフト」だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧